アジア

ハワイ・グアム・サイパン・フィジー・ニューカレドニアなど

北アメリカ

中央・南アメリカ

ヨーロッパ

オーストラリア・ニュージーランド

アフリカ

いのうえの海外旅行記

いのうえの海外旅行写真記

日本の宿

日本のレストラン

トップ

フロリダの旅行情報


なお、これはわたしが個人的にテレビを見て書いたものであり、各テレビ局や番組とは全く関係はありません。
すべての文章の無断使用・転載を禁止いたします。
またここの情報を使って、何か問題が起こったとしても私は一切責任は持ちませんのであしからず。


テレビ番組「世界!弾丸トラベラー 加藤ローザさんでフロリダのセブン・マイル・ブリッジ」

 2010年12月11日放送。加藤ローザさん(25歳)がフロリダのセブン・マイル・ブリッジをオープンカーで走りたいという。海の上にかけられた長さ11kmの直線の橋。1982年開通、世界で最も美しい橋と言われている。CMにもよく使われる場所。全日空1006便/アメリカン航空1270便で、日本から約19時間の旅。

●予定
 1日目、羽田空港0:05発NH1006便で、9時間50分の旅。21:20、ロサンゼルス空港発、5時間20分の旅で、5:00、マイアミ空港着。9:00、タクシーで「オーシャン・ドライブ10ストリート」へ移動。9:30、ビーチのピンク色の建物の前でガイドと待ち合わせ。12:00、リンカーン・ロードでショッピング。17:00、夕食。21:00、ホテルにチェックイン。
 2日目、5:15、ホテルの入り口でガイドと待ち合わせ。10:30、セブン・マイル・ブリッジをオープンカーで走る。13:00、アメリカ最南端「サザン・モスト・ポイント」に到着。19;30、マイアミ空港発、5時間55分の旅。
 3日目、0:10、ロサンゼルス国際空港発、12時間5分の旅。
 4日目、5:15、羽田空港着。

●マイアミ
 気温25度。タクシーで「オーシャン・ドライブ10ストリート」へ移動。オーシャン・ドライブは国の重要文化財でもあるアールデコ調の建物が並ぶマイアミのメイン・ストリート。サウス・ビーチは気持ちがいい。
 ガイドはマイケルさん(22歳)。リンカーン・ロードは、世界のセレブからも脚光を浴びるショップやレストランが連なるファッション・ストリート。「フライブティック」は全米ベスト50にも選ばれたヴィンテージ・ショップで、パリス・ヒルトンやニコール・リッチもご用達。試着の時間がもったいないので、3着購入。カラーダイ・サマードレス「METRO7」42ドル、ベイビードール・ドレス「FENDI」74ドル、サマー・プリントドレス「INCTY」68ドル。
 次はカスタム・シューズショップ「モーガン・ミラー Morgan Miller 」で、ソール・ストラップ・バックルなど全て自分で選べる完全オーダーメイドのミュール・ショップ。ここマイアミの本店で数々のセレブやモデルを顧客に持つそうです。店員のジェフリーさんが選んでくれました。いろいろ選んで30分で作ってくれました。「オリジナル・ミュール」378ドル。

 レストラン「ニッキー・ビーチ」で夕食。マイアミの最先端の人々が集まるビーチ・リゾート風レストラン&バー。ビヨンセやマドンナなども。6種類のシーフードがのる「シーフード・プラッター」144ドル。とても大きい!お勧めはストーンクラブで、ハサミの部分をとって、海に帰すそうです。とても美味しいそうです。

 宿泊は「プライム・ホテル」でオーシャン・ドライブで女性に人気。今回はデラックス・ダブルで375ドル。白を基調とした落ち着いた内装。

 翌朝、洋服はベイビードール・ドレスにして、朝5時15分出発。Hertzに行って、赤い車を借りる。ここからは一人。
 マイアミから国道1号線(別名オーバーシーズ・ハイウェイ)で島々を渡り、キーウェストまでの250km。
 のどが渇いたので、途中で果物店「Robert is here 」で「キーライム・シェイク」5ドルを食べる。
 セブン・マイル・ブリッジを走る。水平線に向かって走る感じ。ここで持参したCDでクレイジー・ケンバンドの「1107イイオンナ」をかける。景色はとても気持ちいいそうです。ゴミも飛んでいたようです。ホコリを落とせたそうです。

 通過後、金網にマイケルがぶらさがっていた。キーウェストのアメリカ最南端「サザン・モスト・ポイント」に到着。アメリカ本土最南端を示す碑が建っている。キーウェストで最も有名な観光名所。


テレビ番組「めざましテレビ めざカルチャー フロリダ」

 2010年8月21日放送。松尾翠さんが紹介。

●オーランド
 成田からサンフランシスコなどを経由してフロリダ州オーランドまで約15時間、世界最大のディズニー・リゾートに到着。敷地面積は111.4平方kmもある。
 車で30分、ディズニー・ワールド・センターに到着。入ってもずっと森が続く。入口から車で5分、やっと建物が見えてきた。ダウンタウン・ディズニーの入口で、スティッチの像がある。ドクター・ルーク・シーが挨拶に来た。ここはウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)の玄関口にあるグッズ・ショップやレストランが集まるショッピング・エリア。ドクターはミッキー・キャンディー・アップルがいいという。これはリンゴ飴にチョコレートをコーティングしたもの。耳はマシュマロでした。
 気球がある。「キャラクターズ・イン・フライト」は大人$16、子供$10。地上120mまで浮上します。WDWは4つのテーマパーク、2つのエンターテイメント・エリア、スポーツ施設、5つのゴルフ場、キャンプ場、23の直営ホテルなどがある。広さはNYのマンハッタンの2倍とか。日本でいえば、JR山の手線内の広さの1.5倍とか。
 何もない場所に、ディズニーは夢をかけた。1971年にマジック・キングダムが誕生。松尾さんはミッキーに会いたいというと、ドクターはビッグ・ブルー・ハットの場所にミッキーがいると教えてくれた。

 ディズニー・ハリウッド・スタジオに行く。ここではハリウッド映画やディズニー・アニメの世界を体感できる。そこに青い大きなトンガリ帽がある。その下にミッキーがいました。「ジェダイ・トレーニング・アカデミー」では、子供たちが剣の練習をしていました。ダースベーダーが登場。

 アニマル・キングダムに行く。ここは最大のテーマパーク。ここにもミッキーがいました。250種1700頭以上の動物がおり、サファリ・パークやアトラクションが楽しめる。標高およそ60mのエベレスト山脈を走るジェット・コースターがある。「エクスペディション・エベレスト」は列車に乗って雪男のイエティを捜します。

 アニマル・キングダム・ロッジは、アフリカ風の建物にアフリカのサバンナの広大な風景をイメージしたリゾートで、敷地面積12万平方km。ディズニー・バケーション・クラブ(DVC)の社長ジム・ルイスさんが挨拶に来た。会員用と一般客用の部屋が別になっている。今回は会員用の「キダニ・ヴィレッジ」の「グランド・ヴィラ・サバンナ」を見せてくれました。1泊1555〜。客室の広さはおよそ200平方m。2階もある。窓の外にはキリンが歩いていました。現在11箇所目のDVCリゾート「アウラヨ・デイズニー・リゾート&スパ、コオリナ・ハワイ」がハワイのオアフ島の西側に建設中で、2011年秋にオープンの予定。DVCのモデル・ショールームに行ってみた。DVCのメンバーになるオフィスは日本にもオープンしました。

 マジック・キングダム・パークは、シンデレラ城を中心に、アトラクションやショー、パレードが充実しているディズニーの王道テーマパーク。夜も花火などでショーを楽しめる。この花火を一望できるのが、2009年8月にオープンした「ベイ・レイクタワー・ディズニー・コンテンポラリー・リゾート」。マジック・キングダムに一番近く、立地条件も抜群。マジック・キングダム・ビューの部屋は1泊$520〜。

 夜、ファンタズミック!という光と踊りのショーがある。


テレビ番組「Go!Go!アメリカ キーウェスト」

 2009年4月15日放送。JIC製作。

●マイアミ
 マイアミ・ビーチのアール・デコ地区。美しい街並みが続き、ナイトショップなどもある華やかなエリア。パステル・カラーのホテルが建ち並ぶのも、若者などに人気のマイアミ・ビーチの南側。
 国道1号線US−1をキーウェストに向かう。最も南よりの島からキーウェストまで180km。出発して1時間、周囲に緑が増える。

●オーバーシーズ・ハイウェイ
 キーウェストまでの国道一号線の別名。世界で最も美しいハイウェイと言われている。この間はフロリダ・キーズと呼ばれる島々が点在している。キーとはサンゴ礁の島のこと。およそ50の島が43の橋で結ばれている。海はエメラルド・グリーンに輝く。
 半分を過ぎるとこのハイウェイのクライマックスともいえる「セブン・マイル・ブリッジ」がある。この橋は全長11km。視界の上半分が空、下半分が海で、その中央を橋が貫く絶景ポイント。映画にも度々登場する。隣は古い鉄道で、1912年に完成したもので、1935年のハリケーンで寸断された。1938年に今のハイウェイが開通した。
 セブン・マイル・ブリッジを渡り終えると、左手に「バヒーア・ホンダ・ステイト・パーク Bahia Honda State Park 」がある。キャンプやピクニックなどが楽しめる自然公園の目玉は、全米でトップ10に入る美しさのビーチ。料金は車(2人乗り)$6、車(1人乗り)$3.5、徒歩、自転車$1.5。

●キーウェスト
 作家アーネスト・ヘミングウェイが暮らした街。マイアミから車で4時間半?、オーバーシーズ・フリーウェイの終点がキーウェスト。東西5.5km、南北2.5kmの小さな島。ヘミングウェイはここで「武器よさらば」、「キリマンジャロの雪」をはじめ、全作品の7割を執筆した。キューバまではわずか90マイル。ここからマイアミよりもキューバの方が近い。
 島には飛行場もあり、マイアミやオーランドから定期便も就航している。マイアミからの長距離バスもあるが、便数も少ない。一番便利なのはレンタカー。

 国道一号線の終わりを意味する道路標識がある。逆に始まりの標識もある。
大勢の人で賑わうダウンタウンの「デュバル通り Duval Street 」。
ヘミングウェイが初めてキーウェストを訪れたのは1928年で当時28歳。最初に逗留したのがホテル「カーサ・アンティグア Casa Antigua 」。現在はホテルとしての営業はしていない。庭だけが一般公開されている(ツアーは$2)。「Pelican Poop Shoppe 」(314 Simonton Street, Key West)。ヘミングウェイ夫妻は当初はフォードの新車で北に向かう予定だった。新車の納品が遅れ、7週間もこのホテルに滞在した。その間に気に入って、移住を決意した。
 ヘミングウェイが暮らしていた家は「アーネスト・ヘミングウェイ・ホーム&ミュージアム」博物館として一般公開されている。今はネコが多く住む。1931年に購入し、改装した。2階のテラスからは広い庭園を見渡せる。友人だったパブロ・ピカソのプレゼントの「ネコの置物」は盗まれたので、レプリカが置いてある。離れに書斎がある。ロイヤル社製のタイプライター。
 シニア・ツアー・ガイドのジョー・バギーさんが当時の様子を説明してくれました。プールはヘミングウェイが旅行中に妻のポーリーンが作ったもの。最後のお金だというこで出した1セントがプールサイドに埋められている。
 世界で一番有名な「ネコの水飲み場」。最初のネコは幸運を呼ぶという6本指のネコだった。今いる51匹のうちの半数が6本指。見学料金は大人$12、子供$6、5歳以下無料。

 ヘミングウェイは海釣りに興味を持った。2年目にピラール号を手に入れて、釣りを楽しんだ。

 デュバル通りにはヘミングウェイが毎日のように通っていたバーがある。「スロッピー・ジョーズ・バー Sloppy Joe's Bar 」(201 Duval Street, Key West)は1933年に開業。1937年に現在の場所に移転した。創業者はヘミングウェイの釣り仲間だった。元ジェネラル・マネジャーのジョン・クラウシングさんが説明してくれました。このバーには、ヘミングウェイが愛用していた、スキーや釣竿などが飾られている。ヘミングウェイのお気に入りのカクテルは「Papa Dobles (パカルティー・グレープジュース・ラブソーダ・キーライム・グレナディン)」$6.5。
 港の「コンク・リパブリック・シーフード・カンパニー Conch Republic Seafood Company 」(631 Greene Street, Key West )は海鮮料理の店。人気メニュー「Stuffed Shrimp 」$25は、エビとカニの肉をベーコンで巻いたもの。2007年のマスター・シェフ・アワード」で優勝した料理。

 「Blue Heaven 」(729 Thomas Street, Key West )はヘミングウェイの家から1ブロックの人気レストラン。青く塗られた壁。特に人気が高いのは、「Vege, Benedict 」$9.95。朝から行列ができることもある。レストランに併設されたギフト・ショップ「ルースター・ギャラリー Rooster Gallery 」
 デュバル通りの終点には「マロリー・スクエア Mallory Square 」がある。ここにはキーウェストの観光スポットが集まっている。観光ツアーの発着ステーションが2つある。「Conch Tour Train 」は機関車型で所要時間は90分だが、乗り降りは自由。30分毎に出発する。大人$29、子供$14。「オーrドタウン・トロリー・ツアー」で、90分でオールドタウンを1周する。10ヶ所の停留所に止まる。システムや料金はTrain の場合と同じ。

 ヘミングウェイの家の向かいには「ライトハウス・ミュージアム」がある。1947年に建造されたもの。高さ22mの塔からキーウェストの絶景が見渡せる。料金は大人$10、子供$5、6歳以下無料。
 サザン・モスト・ポイントはアメリカ最南端の碑がある。

 観光で外せないのは、町の名物ご主人がいる「Kermitt's Key West Key Lime Shoppe 」(200 Elizabeth Street, Key West)。キーライムは一般的なライムよりも小さめで、香りと酸味が強い。一番人気は「キーライム・パイ」$3.95。
http://www.keylimeshop.com/
 辛いものの代表は「Peppers of Key West 」(602 Greene Street, Key West )は唐辛子の看板が目印。ティスティングもできます。
 港からは様々なクルーズ船がでている。「Sebago Watersports 」(201 William Street, Key West )の「シャンパン・サンセット・クルーズ」は日没を眺めるクルーズ。2時間で料金は$39。これにはソフトドリンク、ビール、ワイン、シャンパンなどの飲み物代が含まれている。


テレビ番組「知っとこ!世界の朝ごはん オーランド」

 2009年3月21日放送。

●オーランド
 アメリカン航空ならダラス経由で13時間半。フロリダ州にあり、温暖な気候で、ディズニーやユニバーサルなどに年間5000万人の観光客が訪れる。都市部の人口は200万人。元々湿地帯だった場所を開発して作られた街なので、森や湖など豊かな自然に囲まれている。
 インターナショナル・ドライブはお昼は人通りが少ない。みんなテーマパークに行っているため。  ウォルト・ディズニー・ワールドは、1日では回りきれない。敷地は東京ドーム2500個分もある。野球場もあり、この時期はアトランタ・ブレーブスのキャンプがあり、オープン戦もある。
 「ワールド・オブ・ディズニー」は世界一広いディズニー・ショップ。お店の一角に美容院があり、女の子がお化粧してドレスを着て、プリンセスに変身できる。「ビビデ・バビデ・ブティック」はパッケージ料金189.95ドルで、半年先まで予約が埋まっているとか。
 セレブレーションでは、みんなが橋の下を覗いている。マナティーがいた。一時は絶滅も危ぶまれていたが、オーランド市が町を挙げて保護活動にのりだした。今では数も増えてきている。季節によってはマナティーと一緒に泳げる。
 ウィンター・パークにはファーマーズ・マーケットがある。オレンジ、グレープフルーツなどが並ぶ。赤身の多いグレープフルーツは甘味も多いので、ジュースにすると最高。この時期は旬です。近くのカフェで変わった食べ方が体験できる。まず皮をむいて、果肉を野菜とあわせ、ホットドックの中にはさむ。「グレープフルーツ・スロー・ドッグ Grapefruits slaw dog」4.95ドル。

●デイトナ・ビーチ
 オーランドから車で1時間。町中がバイクだらけ。ジェイソン・ベレンさん(27歳)が紹介してくれたのは、世界中からバイク好きが集まるお祭り「Daytona Beach Bike Week 」。1937年から始まったバイク・イベントで、バイクのショーやイベントも開催される。1週間で50万台ものバイクが集まる。参加者の大半が50代以上とか。

●オーランド
 新婚さんの朝ごはん。郊外の集合住宅に住むジュリー・カングロさん(27歳)が作るのは、1品目「ブレックファスト・キャセロール」。フロリダのピンク・シュリンプの皮を丁寧にむいて、軽く下茹でする。食パンの両側にたっぷりバターを塗り、同じくバターを塗ったオーブン用の耐熱皿の上に丁寧に敷き詰める。その上にエビとスライスしたトマトをのせ、チェダー・チーズをまんべんなくかける。卵、牛乳、生クリームに、塩を加えて混ぜ合わせたものを、耐熱皿の中にたっぷり流し込む。180度のオーブンで45分じっくり焼き上げる。
 2品目「ストーンクラブのコーン・チャウダー」。フロリダのカニ「ストーン・クラブ」をハンマーで殻を砕いて、身を取り出す。サワークリーム、マスタード、パン粉、オリーブオイルを加え、しっかり混ぜあわせたら、鍋に入れ、コーン、チキンスープ、ローリエを加えて、よく混ぜながら、中火で10分煮る。最後に牛乳を入れて一煮立ち。仕上げに塩胡椒で味を整える。
 3品目「グレープフルーツのオリーブ・サラダ」。グレープフルーツのジュースを造る。ロメインレタス、クレソン、たまねぎ、オリーブを切り、ボウルに入れ、さきほどのジュースをかける。オリーブオイルをかけてしっかり混ぜあわせ、グレープフルーツの果肉をたっぷりのせる。


テレビ番組「地球に触れるエコ大紀行」

 2008年11月3日放送、15日再放送。柴崎行雄、田代香子アナウンサーが案内。地球を一周する旅。既に半年経過し21カ国目に入る。柴崎アナはオーストラリアのタスマニア島、シャーク湾、からインドネシア、セーシェル、マダガスカル、ウガンダ、タンザニア、ボツワナ、ナミビア、ブラジルに移動した。田代アナは中国、ラオス、ネパール、カザフスタン、ギリシャ、モロッコ、ルーマニア、フィンランド、イギリス、ガーナ、フロリダ、ベネズエラと移動した。NHK製作。

●ナミビア
 9月下旬、ボツワナとナミビアの国境。入国管理事務所で手続きする。
 8000万年という歴史を持つ、世界最古と言われるナミブ砂漠。南北の長さが2000kmあり、大西洋に面するナミブ砂漠は動植物の独特の生態系が見られる。夜明け前にソソスフレイ?を出発。このツアーにはドイツから来たヨーストさんとエバさんも参加。ガイドは40歳のオーランド・ハラセブさん。サッカーのナミビア代表のキャプテンを10年勤めた人。午前6時40分、太陽がでてきた。夜明け前はだいぶ寒いようです。冬には氷点下になることもあるそうです。砂はとても冷たいそうです。赤味があるのは、鉄分を含むため。
 まず高さ250mの最大級の砂丘ビッグ・ダディ?に登る。崩れやすくなかなか思うようには進めない。10時過ぎに気温は30度を越えた。3分の1を越えたところで、ヨーストさんが動けなくなった。傾斜が50度近くになった。のぼり始めて2時間で頂上に到着。
 砂丘の下を歩いた。砂漠の向こう側にダチョウの雄がいた。ウェッジスノウテッド・リザードというトカゲがいた。色は茶色で空から鳥に襲われない保護色となっている。トカゲは片手と片足で砂漠の熱さから逃れようとするが、さらに熱いと砂の中に足をつっこむ。これをサーマルダンスという。ナラという植物が生えている。茎全体がトゲで覆われている。地下10数mのところまで根を張っているそうです。直径20cmほどの実がなっていた。砂漠は、夜明け前、数日に1度霧が発生する。これで生き物が育つ。小さな動物がいた。グロポーリ・ゴミムシダマシ?は、霧から水分を補給しているそうです。
 何もないと思われていた場所に、いろいろなことがあることがわかった。
http://www.ultimatesafaris.na/

●フロリダ
 州西北部にあるクリスタル・リバー。いたる所にマナティの看板がある。絶滅が危惧されているマナティの楽園として知られている。ガイドはフレッドさんとパブラさん、ツアー参加者はメイガンさんと倉田千鶴さん。ここは世界で唯一野性のマナティと一緒に水の中に入ることは許されている。
 ボートに乗って出発。町の中だけど、自然が保護されている。確かに川の左手は住宅で、左手は自然。ここは温かい泉が湧き出しているから、海より暖かいので、マナティが来るそうです。町のいたる所で地下水が泉として吹き出ていて、それがメキシコ湾に注ぎ込む。湧き出す泉は30箇所を越える。一つに行ってみたら、すごく美しい。ここで潜ってみましたが、透明度がとても高い。水温は年間を通して22度。冬にマナティがやってくるそうです。
 再びボートに乗ってマナティを探す。水路ではスピード制限や進入制限がある。40年前からボートのスクリューに巻き込まれる事故が相次いだため。今は数も少しずつ戻っているとか。先に行っていたフレッドさんがマナティを見つけてくれていました。フロリダマナテイがいました。体長は4m、体重1トンにもなる哺乳類。ここで水に入って触れ合いました。好奇心旺盛です。法律では、両手で触ってはいけない。拘束されていると感じるからで、片手ならOKです。
 海水に生える水草ハイドレラを1日に100kgも食べるそうです。ボートのロープを咥えるのも好きだそうです。1時間ふれあいました。

http://www.artndiving.net/

●ブラジル
 パンタナールはブラジル西南。玄関口のクイアバまでは、サンパウロからTAMの直行便で2時間で到着。ガイドはブラジル在住16年の湯川宣孝さん。ツアー参加者は石垣智也、裕子さん夫妻。パンタナールは単なる大自然ではなく、水の変化によって生態系が変化している場所。この時期は乾季でした。湿原だが、水は見当たらない。橋があるが、川は乾いています。パンタナールの大きさは日本の本州ほど。世界最大の大湿原。木を見てみると、下から50cmのところに雨季の際の水面の高さの線が入っている。平原にはひからびたカニなどの死骸がありました。
 周囲150mほどの小さな沼があった。水草ばかりですが、よく見るとワニだらけでした。中南米に生息するメガネカイマンで、主な餌はジャイアント・ピラニアだそうです。水は緑色で、あたりの草などから栄養分が溶け出している。プランクトンが大発生し、多くの魚が育つ。カピバラという世界最大のネズミの仲間が水浴び?していた。豚くらいあります。1日3kg草を食べるそうですが、1日の半分を水の中で過ごす。カピバラはワニの大好物だが、ワニは魚を食べ過ぎていて見向きもしない。

 湯川さんのHPは
http://www.geocities.jp/pantanalinbrazil/

●ベネズエラ
 ギアナ高地にあるエンジェル・フォールは世界一の高さ。現在でも正確な地図は存在せず、地球最後の秘境といわれている。この地に向かうには小型の飛行機に乗るしかない。ガイドはアントニオさん。参加者は掛札聡美、大和イコチェアさん。雲の間からテーブル・マウンテン(テプイ)が見えた。高さは2000m。山の頂上がテーブルのようになっている。ギアナ高地にはこうしたテーブル・マウンテンが100以上ある。最大の湖カナイマ湖には滝がいくつもある。
 世界遺産のカナイマ国立公園のエコツアー。10月は雨季の終わり。湖にはテーブルマウンテン(テプイ)に降った雨が巨大な滝となって流れこんでいた。滝の一つに行き、滝の裏側に入った。ここには自然にできた遊歩道がある。ギアナ高地には年間4000ミリの雨が降る。激流の下をおよそ100m歩いて滝を通過しました。ここからのツアーはこの滝の源流へとのぼる。まず車で移動、ボートに乗り換え、世界最大の滝エンジェル・フォールを目指す。
 山は火山による隆起によりできた。ギアナ高地最大級のテーブル・マウンテンのアウヤンテプイが近づいてきた。この奥に目指す滝がある。川の一部が赤くなっているが、これは植物が堆積してタンニンの成分が溶け出しているため。大きなマリモに見えるのはミズタマソウの仲間。ギアナ高地には4000種の植物が生息している。岩が多いが、テプイから落ちてきたものだそうです。出発して4時間、エンジェル・フォールが姿を見せた。落差979mで世界最長の滝。ボートを降りて滝まで3km?まで近づいた。そこから森の中を歩く。高さ3mほどのところにシロアリの巣があった。ここは高さ1mくらいまで雨季には水につかるそうです。1.5mほどの大きな葉もある。ベシトスは鮮やかな色のアカネ科の植物。赤い花に青い果実。木の中に隠れているのは、ギアナ高地に広く生息するチャノドメキシコインコ。歩き始めて2時間、道が険しくなってきた。そこを越えると目の前にエンジェル・フォールが。

 ツアーですが、ギアナ高地の観光拠点はカナイマで、カナイマまでは首都カラカスから1時間でシルダーボリバールを経由して、そこから小型飛行機で1時間でカナイマ空港へ到着する。
 一般的なツアーとしては2泊3日で、初日:カナイマ一泊(カナイマ湖周辺滝めぐり)、2日目:カナイマ湖からボートにのって4時間エンジェルフォールそばのラトンで一泊、3日目:朝ラトンから徒歩2時間でエンジェルフォールへ。夕方カナイマ着。
 カナイマからエンジェルフォールの上空を小型飛行機で回って遊覧観光するというコースもある。
 現地にはいくつかエコツアー会社があり同じようなツアーを組んでくれるそうです。
http://www.nhk.or.jp/eco-journey/yotei/index.html


テレビ番組「びっくり法律旅行社 フロリダ」

 2008年7月10日放送。児玉清、黒崎あゆみ、タカアンドトシさんが司会。五月みどり、高知東生、ギャル曽根さんがゲスト。フロリダはサンシャイン・ステートとも呼ばれている。

●マイアミ
 アールデコ調の建物が並ぶ。キーウェストとはセブン・マイル・ブリッジで海の上を高速道路が結んでいる。近くには自然豊かなエバーグレース国立公園もある。料理はストーンクラブなどのシーフード、モヒートというカクテル。
 マイアミ・ビーチではライフガードのシンシア・アギュイラーさんが説明してくれました。「砂丘を歩くことは禁止」(マイアミ・ビーチ条例)ですが、砂丘といっても高さ1m程度。植物が生えていると注意です。違反すると最高500ドルの罰金。
 マイアミ・ビーチから車で30分の「オパ・ロッカ市」は人口1.5万人。市役所はとても変わった建物。市議会議員のティモシー・ホームズさんが説明してくれました。パンツを見せる服装で市の施設(・公園)への立ち入り禁止。元は刑務所での服装で、見た人を不快にさせるため。この手の法律はルイジアナ州のデルカンプレ市、マンスフィールド市、ジョージア州ホーキンスビル市でも成立している。

●自然を守る
 フロリダキーズ、キーウェストがWebでユーモアを交えて禁止事項を説明している。
 「ここを荒らさないで」荒らしたら、ババを送り込んで、あなたの家も荒らしちゃうよ。と書いてあります。ババはバーなどにいる用心棒です。
 「動物に餌を与えないで」あなたの家までついてきても飼えないでしょ?
 「サンゴに触らないで」知り合いではないでしょ?

●エバーグレーズ国立公園
 レンジャーのミルダ・マルテスさんが説明してくれました。マナティーはフロリダ周辺の浅い海や川に生息する絶滅危惧種で、人魚のモデルともなった。あえなかったので、クリスタル・リバーを紹介された。
 フロリダ・アリゲーターなど125万匹のワニがフロリダ州に生息している。他にもアメリカムラサキバン、ダイサギ、ハゴロモカラス、フロリダパンサーなど300種以上の野性動物が生息している。
 「ペット持込禁止」(連邦規則2条15項)で、違反すると最高50ドルの罰金。「野性動物に餌を与えるのは禁止」(連邦規則2条2項)で、違反すると最高5000ドルの罰金。

●クリスタル・リバー
 フロリダ半島の西。ツアーガイドのトレイシー・ウッドさんの案内でマナティを探した。3頭いましたが、歯みがきをしていました。モーターボートのスクリューで傷つけられて死んだマナティは2007年だけで73頭いたそうです。マナティを傷つけた場合、最高1万ドルの罰金という法律がある。一時期1000頭まで減ったが、今は3000頭まで増えているそうです。


テレビ番組「地球街道 大友康平さんでフロリダ州」

 2008年4月5日、12日放送。サンシャイン・ステートと言われるフロリダ州の夕陽を見る。

●タンパ
 西にある都市。レジェンズ・フィールドはヤンキースがキャンプを張っていた。大友さんが訪問したのは3月7日でした。中で見せてもらいました。松井選手にインタビューしました。

●マイアミ
 4時間で到着。アメリカで最も南にある大都市。世界中の億万長者たちの別荘地。ビスカヤ・ミュージアム&ガーデンを訪問。20世紀初頭の大富豪ジェームス・ディアリング氏の建てた別荘で、現在はミュージアムとして公開されている。ディアリング氏が好んだイタリアのルネッサンス風に嗜好を凝らして作り上げたもの。

●リトル・ハバナ
 1960年代からカストロ政権の誕生とともにアメリカに移住してきたキューバ人たちが作り上げた街。公園でマージャンみたいなものをしている人たちがいる。ドミノを使ったカルテットと言われるゲーム。
 「エクスキシト・レストラン Exquisito Restaurant 」に入ってみた。英語が通じない。ボリーチェを注文したら、7.95ドルで沢山のお肉が出てきました。牛肉の煮込みらしい。つけあわせはバナナを焼いたもの?。

●エバーグレース国立公園
 マイアミから車で行った。総面積は6000平方kmで、東京23区の3倍で世界遺産。エアボートと呼ばれる特別なボートに乗る。水深が浅いので、スクリューが使えないので、風力で進むことが大事。ガイドはジェシー・ケナンさん。10分進むと典型的な風景になる。オキチョビー湖からフロリダ湾に流れる巨大な川で、水源と河口の標高差が少ない。流れは1日にわずか1.6kmほど。およそ300種の鳥類をはじめ、熱帯から亜熱帯への生物が住む。アメリカン・アリゲーターが特徴。生まれたてだと鳥や大きな魚に襲われるので、およそ10%が生き残るという。大きくなると6m程度になるそうです。アリゲーターは成長すると、生態系の頂点にたち、全ての生物の天敵になる。アリゲーターを脅かすのは、より大きなワニと人間、人間が捨てた大蛇だけ。近年の異常気象、水質汚染により湿原は小さくなってきている。
 ここで夕陽を見ました。

●国道1号線
 海の上を走る国道。Overseas highway と呼ばれる。50にも及ぶ島々を42の橋で結び、全長240kmとなる。海の色はエメラルド・グリーン。世界で一番美しいハイウェイと称えられた道。
 国道1号線はカナダとの国境フォート・ケントから、ボストン、ニューヨーク、ワシントンDC、マイアミを経てキーウェストに至る全長3800kmの幹線道路。
 今回はマイアミからキーウェストまでの270kmを走る。

 「Robert is here」は新鮮なトロピカル・フルーツを扱うお店。ここでしか味わうことができないフルーツがあるという。オーナーはロバート・モーリングさん。裏手の果樹園に行くとキーライムがある。南フロリダ原産のライムで、10年前に疫病が流行し、条例により、病気になった木とその周囲6mの木は抜いた。フロリダではここにある木だけが処分を免れた。成熟すると黄色になるが、熟さないと果汁も出ない。酸っぱいそうです。このお店の名物は「フルーツ・シェイク」。搾った果汁にアイスクリームを入れて攪拌するだけ。

 このお店の近くにお城「コーラル・キャッスル Coral Castle」がある。奇妙な形をしたオブジェのようなものが並ぶが、素材はサンゴ。持ち主のエド・リズカーニンは、1823年から28年の歳月をかけて、結婚間際に別れた恋人が戻ってくることを願い、城をたった一人で作り上げた。

 道はいよいよ海の上へ。フロリダ・キーズの上を走る国道1号線はオーバーシーズ・ハイウェイと呼ばれる。キー Keyとはサンゴ礁でできた島のこと。
 キー・ラーゴはスペイン語で「長い」の意味。東西45kmにも渡る細長い島で、古くから開けた有名な別荘地で、リゾートホテルも多い。
 アイラ・モラーダはスペイン語で「紫色の島」の意味。紫色のブーゲンビリアが良く咲いているためにこの名がついたという。
 マラソンはオーバーシーズ・ハイウェイのほぼ真中。ハービーズ Herbiesでちょっと休憩。このハイウェイを旅する人に愛されるお店。名物は「コンク・チャウダー」$3.5。コンクはすごく固い、筋肉の塊のような大きな貝。昔はフロリダ・キーの名産だったけど、今は獲れなくなって、外国産のものを使っているそうです。このお店は36年。
 ここからがこの道のハイライトで、セブン・マイル・ブリッジを行く。2本の橋が並行してある。古い橋は今でも歩ける。20世紀初頭にヘンリー・フラグラーが建設したフロリダ東海岸鉄道の跡に作られたもの。1935年ハリケーンの直撃を受け寸断された。1938年に新しい橋が開通した。
 この橋を越えたら、キーウェストまではあと80km。道の横にキー鹿がいた。絶滅危機にある小型の鹿で300頭が生息している。

●キーウェスト
 一説には人骨が見つかったことから、スペイン語の Cayo Hueso 「骨の島」が、キーウェストの語源という。国道1号線の終点があった。END、0マイルと書いてある。その反対側には始点の標識もある。
 キーウェストを愛したのはアーネスト・ヘミングウェイ。1931年からおよそ9年間、当時の妻ポーリンと二人の息子と暮らした家が一般に公開されている。ガイドのデーブ・ゴンザレスさんが案内してくれました。プールは妻が作らせたもので、家の購入額が当時8000ドルだったのに対して、2万ドルかかったそうです。それを聞いて怒ったヘミングウェイは1セント硬貨を取り出し、「最後の1セントまで使ってしまえ!」とコインを叩きつけたという。妻ポーリンはそれを取り上げ、乾いてなかったコンクリートに埋め込んだという。それが今も残っている。庭やベランダには猫たち60匹がのんびり過ごしていた。2階の書斎では、「誰がために鐘は鳴る」、「待つと待たぬと」など9年間に著作の70%を書き上げた。
 特別に中に入らせてもらった。ヘミングウェイが使ったタイプライターがありましたが、持ち運びやすいように軽いのを使っていたそうです。
 船に乗ってヘミングウェイも愛した夕陽を見た。


テレビ番組「世界のスーパー動物園2」

 2007年6月27日放送、2008年2月16日再放送。久本雅美、ガレッジセール、眞鍋かをり、バナナマン、井森美幸、安部力、松本伊代、井上和香、水崎綾女、さかなクンが出演。TBS製作。

●ハワイ
 さかなクン&水崎綾女さんがオアフ島を旅した。まずはダックツアーの黄色い車に乗る。ワイキキを走った後に海に入った。
 次は船に乗り換え、ビーチから Atlantis 号で出航。沖にでると海の中から白い潜水艦が登場。アトランティス・サブマリンで海の中を散歩。水深40mまで潜ると、まずテングハギモドキ、ネムリブカ、サメもいた。料金は大人$84〜、子供半額。
 シーライフ・パークでは世界一の体験ができるという。アシカに餌をあげることができる「シーライオン・フィーディング」。口をパクンと開けて可愛いです(笑)次はアシカのプールに行って一緒に楽しむ「シーライオン・ディスカバリー・スイム」。まずは抱きつき、キスをしてもらう。写真を撮ってもらう。料金は大人$99、子供$69(30分)。
http://www.sealifeparkhawaii.com/

 次はハワイアン・リーフタンクは円形で、中にはハワイでしか見られない黄色いミレッドシード・バタフライフィッシュ、黒いクロモンガラ、ミヤコテングハギ、ツノダシなどがいる。この巨大水槽も中に入らせてもらえる。「シートレック・アドベンチャー」。専用のヘルメットをかぶって中に入り歩く。アオウミガメもいました。亀に餌をあげました。エイもきました。料金は$59?。

 「ドルフィン・コープ・ショー」まずは3頭がジャンプなどのパフォーマンス。人とイルカのパフォーマンス。「ドルフィン・ロイヤル・スイム」はお客がイルカのショーに出る。日本語ができるインストラクターが説明してくれます。イルカの抱っこもできるし、キスもしてくれるし、水もかけてくれます。他にもイルカに引っ張ってもらったり、両足を押してくれたりします。最後はお魚をプレゼントしてお別れ。大人も子供も$199。

 宿泊はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパ。動物たちとの触れ合い体験もできる。庭にはフラミンゴや様々な鳥もいる。ケープペンギンもいます。無料です。

 ワイキキから車で40分。「シャーク・アドベンチャー」に出かける。船には巨大な檻が積まれている。30分で目的地に到着。檻が降ろされるとサメが続々集まってきた。檻の中に2人は入って楽しみました(笑)大人$120?

●城崎
 松本伊代さんが案内。1400年の伝統のある温泉街に最新型の水族館「城崎マリン・ワールド」がある。トドが崖を登っていって滝に飛び込んだ。水深12mの大水槽は蓋がないので、身近で感じられる。透明なエレベータで下に降りるとでかいセイウチが近づいてきた。人なつこい。ドチザメもいる。ペンギンもいる?釣堀もあって釣れる。一度レンタルした釣りざおは糸が切れるまで何度でも使える。釣った後に隣のアジバーで天婦羅にしていただける。調理代は1匹30−50円。
 ダイブアドベンチャーはバーチャル体験ができる。料金は500円?。円形水槽の中心に行くと、周囲の巨大スクリーンに囲まれると、水槽が3m沈んでいく。幻想的な光に包まれる。カマイルカが2頭お出迎え。イルカが姿を消すと暗くなり、タコが出てきて、スコールがきて浮上する。
●鳥羽
 ガレッジセールの川田さんが案内。創立52年目の鳥羽水族館。セイウチショーは最初は腹筋、ハーモニカを吹いた後に、水を吹きかけてくれました(笑) お礼のキスも。アフリカ・マナティーがいる。普段は動かないが、しばらく待っていると息をするために水面に移動する。5分間隔らしい。水槽の上から餌やりをした。人参、白菜、チンゲンサイなどを好む。上唇ではさんで、口の中にもっていきます。
 人魚のモデルになったというジュゴン。ここは世界だけの「つがい」がいる。特別に水槽の中に入ってみた。メスのジュゴンのセレナと仲良くなったが、カメ吉にアタックされた。壮絶な三角関係になりました。

●タイ・バンコク
 阿部力、井森美幸さんが案内。まずは「サイアム・パラゴン」というファッション・ビルに行く。ここには人気の水族館があるという。案内人のチッタワディー・タントラクンさんが案内してくれた。地下にいくと「サイアム・オーシャン・ワールド」があった。2年前にオープンしたばかりで東南アジア最大。入場料は450バーツかな?「フィッシュ・カー」は車の中を魚が泳いでいる。車が水槽。ドアは開かない。大水槽の上ではボートに乗って魚を見ることができる。下からも見ることができます。

 バンコクから車で1時間半の「シラチャー・タイガー・ズー」に行く。入場料は300バーツ?。「アメージング・サーカス」では7頭のトラが出てくる。トラが猫みたいですが、火の輪もくぐります。その後、園内を散策していると、豚の乳を飲む子トラの姿もあった。親のない子トラはこうやって育てているそうです。子トラにミルクをやりました。写真もOKです。
 ゾウの「エレファント・ショー」は6頭が出演。毎回2人の男女がステージに招かれて、説明がないまま寝かされる。するとゾウが出てきて、お尻を踏んだり、局所を鼻でつついてくれました(笑)
 ワニ釣を体験。肉をつけていたが、すごい迫力で餌を取られました。小さいのを抱いて写真を撮りました。クロコダイル・ショーでは女性がワニの口の中に頭を入れていました。特別にステージに上げてもらいました。井森さんは子供の頃の気持ちになれたそうです。
 オランウータンのジェシーちゃんと記念撮影。100か130バーツ。体重は20kgだそうです。散歩もしてみました。売店のアイスのチョコレートが好きみたいでした。
 サソリを体につけている女性がいました。これは毒アリだそうです。この女性はサソリ・クイーンと呼ばれているそうです。ここでランチをいただいたがサソリの唐揚げがお勧めだそうです。姿揚げでした。タイでは関節痛に効くとされる。味は固いけど、蟹っぽいそうです。


●フロリダ・オーランド
 井上和香さんが案内。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは山の手線の内側の1.5倍の広さ。「ディズニーMGMスタジオ」などの4つのテーマ・パーク、「ディズニー・タイフーン・ラグーン」などの2つのウォーター・パーク、「ディズニー・マグノリア・ゴルフコース」などの6つのゴルフ場が揃っている。

 「ディズニー・アニマルキングダム」に行ってみた。入場料は$63〜。東京ディズニーランドがまるごと入るくらいの大きさ。野性さながらに暮す250種1500頭の動物が見られる。シンボルは人工の木「ツリー・オブ・ライフ」。サファリルックのミッキーとミニーがお出迎え。
 「バンガニ・フォレスト・エクスポレーション・トレイル」ではアフリカの動物たちを歩いて観察できる。ベス・リチャードさんが案内してくれた。女性の飼育員さんがカバンを木にかけている。これはゴリラの餌で、頭を使わせているそうです。興味がわいて刺激になるからだそうです。ローランド・ゴリラが出現して餌を食べました。檻がないので、自然の姿が見られます。
 「キリマンジャロ・サファリ」はトラックに乗って密林やサバンナを行く。スティーブ・カスティヨさんが案内してくれた。道はわざとでこぼこにしてある。赤ちゃんのキリンやゾウ、シロサイがいました。橋にさしかかると、橋がかなり揺れました。
 迫力満点の「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」のミュージカル・ショーを見学。そして、「ミッキー・ジャミン・ジャングル・パレード」。運良く選ばれれば、お客さんもパレードに参加できます。
 「マハラジャ・ジャングル・トレック」はアジアの密林を歩く。コモドオオトカゲがいた。最大で全長3mに達する世界最大のトカゲ。翼を広げると1mのオオコウモリがたくさんいる。餌はフルーツ。ちなみに血などは吸わないそうです。次は水遊びをするトラの姿。木にスリスリしていました。凍った骨を与えるおやつタイム。アンジェラ・セシルビニーさんが説明してくれましたが、骨で歯の掃除をするそうです。笛を吹くとトラが来ました。普通の動物園ではトラは寝てばかりですが、ここは動いている姿を見られるように工夫しています。
 高さ14mのロープの上をテナガザルが綱渡りしていました。園内には霧の出る扇風機が設置してあります。
 本物そっくりのエベレストが出現。これは最新のコースター「エクスペディション・エベレスト」。エベレストを駆け抜け、伝説の巨大生物に遭遇する絶叫マシン。途中で道が行き止まりになっていて、後ろに走ります。すると前向きに疾走して雪男に遭遇しました。
 コンサベーション・ステーションでは動物を診察している。診察や手術の様子を解説を聞きながら見ることができる。獣医のグレッグ・フレミングさんが説明してくれました。

 宿泊は「ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ」。1泊$215〜。バルコニーに出ると、中庭が動物たちが暮すサファリゾーンになっていて、シマウマやキリンなどがいます。
 夜はプラス$40で他のテーマパークに行って楽しむこともできる。エプコットに行きました。花火が上がりました。

●旭山動物園
 眞鍋かをりさんが案内。坂東元さんが案内。ちんぱんじーの館。スカイブリッジではすぐそばまでやって来ます。今回は閉館後の姿も特別に見せてもらった。寝る前の姿です。
 ほっきょくぐま館。上下運動すると飛び込んでくれます。本物の毛にも触れます。
 ぺんぎん館。水中トンネルで見るとペンギンがすごいスピードで泳いでいます。飛んでいるみたいに見えます。
 めずらしい展示がある。それはカラス。初めて触ったそうです。耳の穴も大きいし、口は真っ黒。毛もなめらかです。福井さんの話ではカラスがいなくなると森が死体だらけになって、困ることになるそうです。
 あざらし館。マイウェイという円柱水槽が特徴。ここを通過する時が楽しいですね。


テレビ番組「知っとく 世界の朝ごはん アメリカのマイアミ」

 2007年4月28日放送。元々スペイン領で、19世紀に大規模な開発があり、リゾート地として発展した。点在するアールデコ調の建物がお洒落。
 サウス・ビーチはホット。砂浜で瞑想している女性が数人いる。ヨーガ教室の生徒で、ビーチ・ヨガをしている。朝日や夕陽という自然のパワーを感じながら行なうヨガで、この教室は毎日早朝と夕方に行なっている。費用は1時間5ドル。
 ココナッツ・グローブという街にある市場「ファーマーズ・マーケット」。近郊の農場が直営していて、無農薬野菜が多い。オレンジ、グレープフルーツ(ホワイトとルビー)などもある。近くにある「ラスト・キャロット」というお店では新鮮なジュースが飲める。フロリダ・ピンク・グレープフルーツは外側がオレンジ色になるものもある。1杯作るのに2個使い2.4ドル。
 ビスケーン湾 Biscayne Bay には巨大な客船がある。世界最大の客船「リバティ・オブ・ザ・シーズ」で、ショッピング・センターも内部にある。一週間かけてカリブ海クルーズをする。甲板には巨大なプール、ジャクージがある。サーフィンやブギーボードもできる。
 ケン・マコイルさん(27歳)が紹介してくれたのは、カフェ「ニューズ・カフェ」で超人気。マイアミやアメリカ各地や世界各地の新聞が置いてある。お勧めはストロベリー・ショートケーキ・サンデー7.75ドルでビッグです。24時間営業です。

●カヨーチョ Callo Ocho
 マイアミ郊外。鶏の大きな人形がある。ニワトリはキューバのシンボルで、このあたりはリトル・ハバナと呼ばれている。1960年代にキューバで政変が起こった時に、祖国を離れて多くのキューバ人がここに移住した。現在はマイアミに約50万人のキューバ人が住んでいるらしい。
 公園 Maximo Gomez Park には、赤と黒のテントがある。中では4人が卓を囲んで麻雀のようなのをしている。ドミノ。キューバではドミノが人々に一番人気のあるゲームらしい。今ではこの公園はドミノ専用の公園になっているらしい。

●マイアミ
 新婚さんのシャロン・サミュエルズさん(29歳)の朝食。「ホタテとグレープフルーツのソテー Sea cos and Grapefruit」。グレープ・フルーツをよくもんで、4つにカットし、皮と種を除き、果肉だけを取り出し、ホタテを入れてマリネにする。フライパンに油をひき、ガーリックのみじん切りを軽く炒める。さきほどのホタテを入れてソテーする。さらにグレープフルーツを加え煮込むような形で火を通す。ホタテに半分くらい火が通ったら、バターを加え、塩胡椒で味を整える。
 「エッグ・ポップオーバー Egg Popover」はオリジナル料理。マフィンなどを焼くオーブンのトレーに、ターキーのハムをきっちりと敷き詰める。そこに卵を割りいれ、上からたっぷりのチーズをのせ、オーブンで15分焼く。
 「フロリダ・グレープフルーツ・サラダ」。グレープフルーツを半分に切り、スプーンで果肉を取り出し、リンゴを小さく食べやすいようにカットする。同様に梨、キウイもカットし、器に盛る。さらにぶどうは皮つきのまま加えて、グレープフルーツの実をのせたら、たっぷりの果汁をかけて完成。


テレビ番組「ズームイン!世界の絶叫マシーン、一番怖〜いの決定戦 2005」

 2005年9月23日放送。世界の絶叫マシンは1万3000台。7つのエリア(USA、オーストリア、ニュージーランド、UAE、ドイツ、インド、フロリダ)にわけ、世界で一番恐いマシンを選ぶ。出演は極楽とんぼの山本圭壱、ペナルティ。司会は今田耕司、羽鳥慎一アナ、西尾由佳理アナ。審査員は江守徹、杉田かおる、花田勝、加藤夏希、ビビる大木。日本テレビ製作。

●オーストリア・ウィーン
 メリーゴーラウンドは本物のお馬さんが回っている!日テレの鈴江奈々アナが調査した。プラーター遊園地の初級編はボラーム。うつぶせのまま螺旋状で登り、猛スピードで走る。上級編はターボブースト。時計の針のように回転する。その先に乗るが、そこでも回転する。時速110km。このダブルくるくるでピスタチオがどうなるかを測定したら、全て豆から出ていました。これに乗ってみると、すごいくるくるです。さらに次のお客が乗る際は、一番高いところで止まったまま30秒とか。その後は逆方向にさらにすごいくるくる。着地前でさえすごく回転していました。

●アメリカ
 馬場典子アナが調査。世界一のブランコはカリフォルニアの「ナッツベリー・ファーム」にある「スクリーミング・スィング」で、高さ18mの塔が単に建っているだけに見えるが、振れ始めると時速100kmになる。オーマイゴッドと5回以上叫ばせるマシンが怖いマシンと思われる。90度になった時に時速100km、130度まで高くなりました。
 コロラド州の「ロイヤル・ラッシュ・スカイコースター」は、宙吊りで高さ30mの上空から振り子のように空中でブラブラと遊泳できる。どこが世界一かというと、目の前が高さ350mの断崖になっている。
 世界一のスピードはニュージャージー州の「シックス・フラッグス・グレート・アドベンチャー」に今年登場したマシン。3つの世界一を持つ。高さ139mと世界一(40階のビルに相当)、時速206kmで3.5秒で上昇したかと思ったら、落差127mで急に落ちる「キンダカ」。逸見愛さんが挑戦した。顔が変形していました。
 世界一のグルグルはラスベガスのストラトスフィア・タワーは350m。この塔の上の外側で横に回転しているマシン「インサニティ」がある。乗ると柵が外側に倒れ、マシンが外に出ていってから回転を始める。足元に何もない恐怖だけではなく、どんどん下を向いていき、ほとんど真下を見る格好になる。

●インド
 ペナルティが挑戦した。デリーから車で1時間の街にお祭り騒ぎになるという。8月15日はインドの独立記念日で、空には凧がクルクルとんでいた。そこの公園に絶叫マシン「メリーゴーラウンド」が置いてあったが、違った。そのオーナーのところにあるという。広場で翌日に組み立ててくれたのは、「バルチェ・ヒンドラ」という観覧車で、頼りない。屋根も安全ベルトもなくさびだらけ。人力で回すが、結構高速回転します。ペナルティも気分が悪くなりました。

●ドイツ
 山下美穂子アナが調査した。ドイツはジェットコースター界の革命王と呼ばれている。1975年世界初の1回転コースターを開発。今回は世界初の高所360度ひねり。畑の真中にそびえるマシン「スカイウィール」は「スカイライン・パーク」の中にある。地上48mで横に1回転ひねられている。しかもレールが風で揺れていて、支柱がない。ベルトは腰に当てるだけ。自由に動くちくわを置いて、どう変化するかも調べた。ゆっくり上がっていって、少しゆっくり目に360度ひねってから、勢いで急降下しました。あがってもう一度360度ひねってから急降下し、かなり登ったところから、逆方向に高いところまで登り、また前に進行して高いところで止まり、そこからゆっくりスタート地点に戻りました。

●フロリダ
 大気圏突入体験マシンはタンパベイの「ブッシュガーデン」にある「シェイクラ」で、ジェットコースターでは初めて2度も垂直落下する。全長は972mで、3分間の体験で、1回目は地上61mから、2度目は穴の中に突入し、最後は水を飛ばす。落ちる直前に止まり、落ちる時は4Gの力がかかる。
 山本圭壱さんが挑戦。オーランドらしいが、工事現場のように2本のクレーンが立っているが、その間が世界最強の逆バンジー「スリングショット」。高さ115mと世界一で、座席は完全な剥き出し状態。少し下に下がってからドーンと115mまで上がります。その後は何度か上下しますが、回転していました。

 宇宙体験マシーン「Zero Gravity」は1回約41万円。NASAの人と同じように青い服を着て行なう。まずホテルで説明会があり、40人が参加。次に全員に酔い止め薬 Dramamine が配布され、吐く場合の汚物入れも配布された。
 Zero-Gと書かれたジェット機が止まっている。1万mを目指して上昇していく。全員起立して、床に座って横になる。3分前。30秒前。急に地面に吸い寄せられる感じになり体が重たくなる。そして全員が空中を遊泳した。これが30秒続き、また機体が上昇し重力が2倍になり、床に押し付けられ、再度、無重力になる。山本さんは無重力状態で水を飲むことに挑戦。4度目の無重力状態で成功!

●ニュージーランド
 伝説のアナウンサー若林健治は、2003年にスタン・ハンセンが放送席のモニターを奪おうとしたのを阻止して伝説となった。
 クィーンズタウンの山奥の「キャニオン・スイング」は落差109mで、さらに時速150kmでスイングする。下はショットオーバー・リバー。頭からゴミ箱をかぶって落ちるコースもある(笑)場所に行くと「へい、いらっしゃい」と日本語で言われた(笑)
 残酷度No.1は「チェアー」で椅子に縛り付けられて、後ろ向きで落とされるもの。「おっさん、まだスペシャルあるで」と言われた(笑)それは
 「ファイブ・カウント」でロープを1本1本係員が切る。体重によって切れる時が変わるそうです。最後の1本まで残っていましたが、落ちました。

●アラブ首長国連邦UAE・ドバイ
 巨大リゾートランドができつつある。高級リゾートホテルなどが建設中。宮崎宣子アナが調査した。去年オープンしたばかりのマディナ・ジュメイラというホテルは東京ドーム10個分の広さで、運河が取り囲む。キーになるのは、モハメド・ビン・スレイヤム氏で、父は元大臣、王族との縁戚で、彼自身は実業家でレーサーでもある。1台7000万円のフェラーリ・エンツォなどの車が13台もあるが、ここはゲストハウス。
 5つ星ホテル「ジュメイラビーチ・ホテル」と7つ星ホテル「バージュアル・アラブ」のすぐ近くのウォーターパーク「ワイルド・ワディ」の中に絶叫マシンがある。世界最長レベルのウォータースライダーであり、超個性派。高さ33m(ビル8階分)でスライダーの長さは100m、段差が3つあり、第一の傾斜は70度で、ゴール直前ですべる人の速度は70kmにもなる。名前は「ジュメイラ・スケアラー」で「美しき恐怖」という意味。登っていくときに階段にすき間があり、下が見えて怖い。かつ風が強い。両手を胸の前で交差して、両足も交差して落ちます。ゴール直前は体が宙に浮いてアザができたそうです。

 優勝はフロリダでした。


テレビ番組「米倉涼子 in フロリダ!観た!泣いた!踊った!バーン・ザ・フロア」

 2004年5月30日放送。米倉涼子、リサ・ステッグマイヤーさんが出演。踊りまくる「バーン・ザ・フロア」がこの秋、日本に登場する。2002年に東京と大阪で公演し、8万人を動員した。演出、振り付けなどを変えて今回、再度上陸する。その魅力を紹介する。米倉さんは小さい頃からクラシックダンスを学んでいて、2年前に見てとりこになったという。コンチネンタル航空でアメリカに渡った。関西テレビ製作。

●バーン・ザ・フロア
 バーン・ザ・フロアは1999年イギリスで行なわれ、大成功を収めた。その後、アメリカなどで公演した。サンバ、ルンバ、ジルバ、サルサ、タンゴ、リンディホップ、スィング、ワルツなどを踊る。7つの舞台からなり、前回の日本公演では、Scene 1 は Wanna dance で、会場内とステージで36人のダンサーによる踊りが繰り返された。Scene 2 は Fantasy waltz で、19世紀のヨーロッパの優雅な仮面舞踏会のイメージ。Scene 3 は Urban Heat で、強烈なビートで、挑発的で刺激的なステップが繰り広げられる。Scene 4 は Jump & jive で、1940年代のダンスホールのイメージで、ポップな衣装で「シング・シング・シング」、「イン・ザ・ムード」を踊る世界。Scene 5 は Lets dance で、1930年代のハリウッドのミュージカル映画風。Scene 6 は Passionataa で、ラテン。一人の女性をめぐる二人の男性のラブストーリーを描く。Scene 7 は Hip Hot Hotter で、アクロバティックな大技など、それぞれのペアが得意のステップで全員で踊りまくる。
 ダンサーは世界じゅうから集まっている。1度の公演で10回着替えることがあるという。プロデューサーのハーレー・メドカフは「1997年、ロンドンでエルトン・ジョンの50歳の誕生パーティに参加した。その時、会場から若いダンサーが現れ、踊った。会場の目が奪われ、強いインスピレーションを得た。」という。その中にマーリン・ワトソンとデビット・ワトソンのペアもいた。
 使われる曲は20曲以上で、Would you dance with me?、Do you wanna dance?、Papilon、The carousel waltz、Industrial latin、In the mood、Jump Jive an then you wall、Moonlight serenase、Bei mir bist du schon、Boogie woogie bugle boy、Sing Sing Sing、Top hat wahite tie and tails、Cheek to cheek、Let yourself go、Lets face the music and dance、Steppin out with my baby、The continental、Caravan、Karina Sutra、passionata、The Serpent、Malaguena、Light my fire、So hotなど。
 9月30日〜10月5日が大阪城ホールでの公演。SS席11500円〜で、36名のダンサーによる2時間の公演となる。

●ニューヨーク
 成田から12時間半でニューアーク・リバティ国際空港に到着。エアートレインでニューアーク空港駅に行き、そこからマンハッタンに電車で向かった。
 ブロードウェイに向かった。

●フロリダ州タンパ
 リゾート地で、ヤンキースが Legends Field でキャンプをすることでも有名。この地でバーン・ザ・フロアの公演が行なわれていた。宿泊はウィンダム・ハーバー・アイランド・ホテル Wyndham Harbour Island Hotel で、レストランも Luna di Mare などがある。
 バーン・ザ・フロアはテーマパークのブッシュ・ガーデン Busch Gardens Tampa Bay で行なわれていた。動物園と遊園地がセットになっていて、広さ121ヘクタール。広大なサファリパークと動物園には2700頭以上の動物がいる。入場者数は年間300万人。遊園地のアトラクションも多い。このテーマパークは元ビール工場だった。21歳以上の入場者は2杯までビールが無料。

 バーン・ザ・フロアはデザート・グリル・レストラン内で公演していた。今回は10名の出演で、公演時間は30分で、1日3回行っていた。「ラスト・ダンス」で終了。感動して米倉さんは涙目でした。米倉さんは2回見ました。
 特別に許可をもらって控え室を訪問した。男性のジョナサン・ドゥーンと女性のアシュレイ・ハンターのペアが相手をしてくれた。今回からはアシュレイはダニエル・ガスパーとペアを組むことになった。レベッカ・サグテンとディモン・サグテンさんペアにも、トレント・ウィドンさんとキム・ジョンソンさんのペアにも話を聞いた。キムさんは10歳くらいに大阪にホームステイしていたそうです。

 演出家のジェイソン・ギルキソンさんと話をした。前回の日本公演では、日本人は静かだと聞いていたのに、最後は6000人が総立ちでびっくりしたという。あの成功で劇団は変化したという。今度の訪日ではオープニングはムーラン・ルージュの Rhythm of the night も入れるという。パッショナータの部分では、かなりの入れ替えを行なったそうです。フィナーレはラスト・ダンスだという。米倉さんは一緒にやってみないか?と誘われて、サルサを練習した。
 3回目の公演終了後に、控え室を訪問したら、まだ練習していた。米倉さんはメンバー全員とサルサを踊ることになったが、完璧に踊っていました。米倉さんは楽しかったそうです。


テレビ番組「旅サラダ」2004年1月は細木美和さんでフロリダ&ニューオーリンズ

●マイアミ
 マイアミビーチはきれいな浜辺。トップレスの女性もいました。カラフルでキュートな監視塔が並んでいる。
 世界のスターの別荘「スターアイランド」を見学するクルーズに参加。グロリア・エステファン、フリオ・イグレシアスらの別荘の他に、アル・パチーノが主演した「スカーフェイス」の舞台となった別荘などを見学した。クルーザー・チャーター半日500ドル。
http://www.miamicharters.com/

 アールデコ調の直線を意識した建物が集まっているアールデコ地区に行く。ファッションの街としても知られる。ベルサーチも住んでいたお家もある。
 今回はミス・シクスティというお店に行ってみた。ポップな色づかいの服が多い。紹介されたのは、ベージュ?のコート$379、黒のインナー$59、大柄チェックの可愛いミニスカート$99の組み合わせ、ピンク系のジャケット$189、オレンジ色のインナー$49、ジーンズ風パンツ$269の組み合わせ。可愛いです。
http://www.misssixty.com/

 画家ロメロ・ブリットさんのギャラリー Britto Central は、色鮮やかで キュートな絵画や置物が集めてある。マイケル・ジョーダンやホイットニー ・ヒューストンやシュワルツネッガーなどもブリットさんの絵を集めている とか。2階はアトリエで、今回特別に見せてもらった。細木さんは似顔絵を 描いてもらった。
http://www.britto.com/
 宿泊は The Tides で、アールデコの建物。今回は702号室?で白色で統一されている家具。窓からはプライベートビーチを一望できる。1泊$550。
http://www.thetideshotel.com/

●マイアミのリトル・ハバナ
 マイアミのもうひとつの顔はラテンの香りがする街並み。キューバ人から移住してきた人が多い。葉巻の文化が入っていて、葉巻のお店が多い。ラ・ルナ La Luna というお店で製作の体験をした。
 もうひとつのキューバの文化はサルサ。そこで、「ベスト・オブ・ダンス・スタジオ」に行ってみた。Tel:(305)266-1897。男性のファビアンさんと女性のニコールさんに教えてもらった。5時間?かけて基本ステップをいくつか覚えて、サルサのナイトクラブに出かけた。カフェ・イグアナ Cafe Iguana Hollywood/Pines はすごい人気で人が多い。細木さんはぐるぐる回っていたので、目だっていた。日、月、火曜日は無料らしい。
http://www.cafeiguanapines.com/

●エヴァーグレース国立公園
 マイアミから車で1時間。世界自然遺産。見渡す限り草木が広がる大湿原。湿地帯をエアーボートで走る。植物を痛めないようになっている。ここは世界一幅が広く流れが遅い川。ガイドのホセさんがいきなり川に入って、1mくらいの亀を捕まえた。ワニがいた。高い声で「ヒィ〜〜ヤッ!」って言うとワニが寄ってくるらしい。ホセさんは川に入って体長2mのワニを胴体から持ち上げた。ワニはマシュマロが大好きなので、あらかじめマシュマロをまいてそちらを食べさせている間に持ち上げた。大人一人$20。
http://www.evsafaripark.com/


●オーランド・ユニバーサル・スタジオ・フロリダ
 1990年オープン。ジョーズ。ETの帽子をかぶって中を歩く。ET館では自転車に乗っていく。細木さんは大騒ぎしていました。出口ではETが、Good-bye Miwa と言ってこれました。細木さんはうるうるしていました。
 ウッディーとウィニーがバスに乗って登場した。アニマル・プラネット・ライブでは、たくさんの動物たちが登場するショー。タカが飛ぶのはすごい。細木さんは舞台に上がって、3mのヘビを膝の上に乗せられました。入場料は52ドル程度。
 ジョーズは水面が燃えますが、ジョーズがでてきて細木さんは叫んでいました。船長は芝居がうまい!(笑)
 ハリウッドは街並みが再現してありますが、毛もじゃもじゃのカツラを見つけた。
 ブラウン・ダービー・ハット・ショップでは動物の帽子をかぶって細木さんは盛り上がっていました。
 ビートル・ジュース・グレープヤード・レビュー。知っている曲がオンパレードです。僕はこのレビューは好きですよ!(笑)

 中は水上タクシーがあって、自由に移動できる。
 ホテルはポートフィーノ・ベイ・ホテルで、イタリアの港町をもとに作られたもの。ゆったりしたロビーはとってもエレガント。部屋も落ち着いていて、デラックスルームで1泊299ドル。ホテルのレストラン「デルフィーノ・リビエラ」で早めの夕食。ロブスターのアスパラガス添え24ドル(黒トリュフ入り)、クロダイのオーブン煮37ドル。

●オーランド・ユニバーサル・アイランズ・オブ・アドベンチャー
 1999年にオープン。5つのエリアに分かれていて、斬新なアイディアと最新のテクノロジーを駆使したアトラクションがいっぱい。
 マーベル・スーパー・ヒーロー・アイランドはアメリカン・コミックのスーパーヒーローがテーマ。スパイダーマンのアトラクション The amazing adventure of Spider Man は6人乗りのライドで移動する。途中から3Dで見て、最後はビルの高いところから落ちるイメージらしい。最後はみんな興奮して拍手していました。
 外に出るとスパイダーマンがバイクに乗ってきて、マーベル・オルタニバース・ストアに連れていってくれた。ここではサインしてくれたり、一緒に写真を撮ってくれる。日本のUSJでは1月23日にスパイダーマンのアトラクションがスタートするそうです。

 スース・ランディングは可愛い絵本を再現した街。ベティ、オリーブ、ポパイなどのキャラクターの町。フェイス・ペインティングをしてもらった。5ドル。ジュラシック・パーク・リバー・アドベンチャーは、恐竜の住みかを通っていく。建物の中に入ると急な坂を登る。その後驚かすものが出てきて、最後はTレックスが出てきたと思ったら、25mの高さからの急降下。細木さんは半ベソでした。

 ここは絶叫コースターが多い。紹介されなかったが、ドゥエリング・ドラゴンもあります。
 インクレディブル・ハルク・コースターは超高速のコースターで、最初上昇する時からスピードが出て、横に回転しながら落ちる。あとは宙返りなど連続技で怖さ満杯。細木さんはかなり叫んでいました。

 ロスト・コンチネントは神話の世界。「シンドバッドの8度目の冒険」を見る。爆発も多く、すごい迫力でした。
 ミトス・レストランで食事。前菜は「完熟トマトとモッツァレラチーズのサラダ」7.95ドル。メインは「マッシュルームのリゾット」15.95ドルで、リゾットの上に、ステーキがのっている。
 入園料・・・1Day1Park大人$53.95、2Day2Park大人$99.95。
 パークの前の船付き場からボートに乗ってホテルに向かう。「ロイヤル・パシフィック・リゾート」で、南太平洋の島々を元にして作られている。落ち着いた雰囲気。寝室が別でキング・スィートで279ドル。
 夜はホテルのディナーショー「ワンティラン・ルアウ」を見る。食事付きで49.50ドル。
http://www.loewshotels.com/


●キーズ
 マイアミの南からキーウェストまで、50の島々が42の橋で結ばれてい て、世界一美しいと言われている。ずっと1本道です。セブンマイルブリッ ジは約11km、シュワルツネッガーの映画「トゥルーライズ」で破壊され た。

●キーウェスト
 フロリダの最南端の可愛い街です。ガーデンホテルに宿泊。さわやかな ロビーで、可愛い部屋、くつろぎのスペース、白で統一されている。ベラン ダからは緑が気持ちいい。マスタースィート冬季は575ドル(3−10月は365ドル:それ以外は425ドル)。
 心地よい気候に魅せられて、数多くの著名人たちが移り住んだ。テネシー・ウィリアムスの旧家、カルバン・クラインの旧家が紹介された。
 ヘミングウェイの旧家で彼は著作の7割を書いたという。1930年から約10年間、妻とここで過ごした。2階にはピカソからもらったという猫の置物が置いてある。緑を集めることが趣味だったので、庭を眺めて作品を考えていたそうです。隣の建物が書斎。タイプライターが残されている。入場料10ドル。猫がたくさんいます。
 歩いて15分のところに毎日通いつめたというバー Sloppy Joes Bar がある。釣り仲間でもあったジョー・ラッセルのお店。いつも飲んでいたパパ・ダブル6ドルをいただいた。ラムをグレープフルーツジュースで割ったピンク色のもの。
http://www.sloppyjoes.com/

●ニューオーリンズ
 ルイジアナ州のジャズの生まれた街。ミシシッピー川の河口。路上ではいろいろな音楽が楽しめる。セントルイス大聖堂。
 新市街を訪ねた。街はヨーロッパ調で落ち着きがあるが、パワフルさも感じる。200年以上も続いているアメリカで最も古い市場フレンチ・マーケット。スパイスが多い。
 ロイヤル通り(St.Ann の角?)のペレ・アントニー Pere Antoine というレストランでケイジャン料理 Creole cuisine をいただく。シーフードガンボ6.95ドル(ご飯も入っています)。メインはジャンバラヤ・オムレツ9.95ドル(トマトベースです)。アメリカで一番おいしい街と言われる理由がわかったそうです。
 ロイヤル通りにはアンティークショップ、ギャラリーなどが並ぶ。アンティークのお店 Peacock に入ってみた。時計もお洒落。1940年のハミルトンの時計は5000ドルで、ダイヤは2.5カラット。
 ミシシッピー川に出てみた。ルイ・アームストロング公園にも行ってみた。この場所は黒人の労働者にとって、唯一ジャズを楽しめる場所だったという。1900年にスラム街で生まれ、20代後半には能力を発揮した。旧造幣局ではサッチモやジャズの展示がある。
 夜のバーボン通り。お店から音楽が流れ、通りではお酒を飲んでいる人もいる。静かだけど行列のできている Preservation Hall に行ってみた。ここでジャズを聴いた。世界じゅうから人が集まる。今回は6人の演奏でしたが、客とほぼ接するくらいの距離で演奏していた。入場料5ドル。演奏した曲名は♪Way down yonder in New Orleans。


テレビ番組「マシューTV」はフロリダ・オーランド・スペシャル

 2004年1月22日放送。出演はマシュー南こと藤井隆、南野陽子、 キム・ニールヤングこと木村祐一、クレア黒沢こと森三中さんが出演。い ろいろなアトラクションでゲームをやって、よければ現金つかみ取りがで きる。テレビ朝日製作。
http://www.tv-asahi.co.jp/besthittv/

●ユニバーサル・スタジオ・フロリダ
 スパイダーマンの似顔絵を描いたが、キムさんが勝った。
 MIBエイリアン・アタックも人気アトラクション。最新のハイテク・ ライドに乗って手に持った銃でエイリアンを倒し、特点を稼ぐ。26万点 稼いだキムが勝った。
 ツイスター・ライド・イト・アウトは竜巻に巻き込まれたような体験がで きる。目の前にいろいろ飛んでくるが、牛が飛んできた時に牛とツーショッ トを撮るというゲーム。ガソリン・スタンドが燃えるのもすごいです。また キムさんが勝って203ドルゲット。
 ファンネルケーキをいただいたが、USJでも食べられます。
 人気のアトラクションはジュラシックパーク、ドゥエリング・ドラゴン( 2台のドラゴンが空中でニアミスするコースター)、ドクター・ドゥームズ ・フィア・フォール(一気に45mの空中に打ち上げられ、そして急降下す るバンジー)、ポパイ&ブルートズ Bilce-rat Barges (水しぶきをあげて 回転しながら滑るので水を大量にかぶります)、

 ハードロック・ホテルのザ・キッチンというレストランで食事。シェフの エヴァンさんがレミパンという鍋で料理を作ってくれました。チキン・ホッ ト・パイはアメリカ南部の代表的な家庭料理。T−ボーンステーキはエアロ スミスのスティーブン・タイラーが今もこよなく愛するボリューム満点の品 。アメリカのクラシック・ハンバーガーは、エルビス・プレスリーがこよな く愛した品ですが、高さが10cm程度ありました(笑)
 キムさんの話ですが、ハンバーグはドイツのハンブルグからアメリカに渡 ったときにパンをはさんでサンドイッチになり、ロシアを経由したのがピロ シキになり、中国を通って肉まんになった。  宿泊はハードロック・カフェでした。


テレビ番組「旅サラダ」2002年12月は遠藤久美子さんでフロリダ・オーランド

 ディズニーワールドの旅。1971年に誕生したウォルト・ディズニー・ ワールド・リゾートは広さが東京山の手線内の1.5倍。4つのテーマパー ク、2つのウォーターパーク、18軒のホテルやスポーツスタジアムやゴル フ場などがある。それらの間はフェリーや循環バスやモノレールがつなぐ。 モノレールは最初に並んだ4人だけが先頭車両に乗せてもらえる。

●エプコット Epcot
 実験的未来社会という意味。パーク内は21世紀の最新技術を結集した フューチャーワールドと世界11カ国の歴史と文化を紹介したワールド・ ショーケースからなる。
 3年前に登場した Test Track に挑戦。6人乗りのテストカーに乗り、急 加速、急発進、急ブレーキ、耐寒、耐熱などをテストする。
 次は The Living Seas 館。海に関する様々なことを学習できるので、親子 連れが多い。世界最大級の水槽がある。その隣に Coral Reef Restaurant というレストランがあり、水槽を見ながら食べられる。ランチタイムはいつ も超満員。網焼きマヒマヒ $17。
 メキシコ館、ノルウェー館、中国館など。各パビリオン前で行なわれてい るパフォーマンスも面白い。モロッコ館では女性の踊りがある。日本館には お城があり、赤い鳥居もあり、和太鼓「祭り座」の演奏もある。飴細工もあ る。
 赤い2階建のバスでディズニーの仲間がやってきた。ミッキーやミニーた ちと写真を撮りました。

 夜になるとタペストリー・オブ・ドリーム・パレードがある。120体の 巨大なパペットが繰り広げるパレード。そしてクライマックスは光と音のス ペクタルショーのイルミネーションズ・リフレクションズ・オブ・アース。

●ディズニー・ボードウォーク
 ディズニー・ボードウォーク・インに宿泊した。1940年代のアトラン ティックシティの避暑地をイメージしたホテルで、エプコットから歩いて行 ける距離にある。今回はコンシェルジェ・デラックスで1泊500ドル。 アメニティグッズはミッキーなど。289ドルからある。
 ホテルの目の前がディズニーズ・ボードウォーク。サンセットが美しいこ とでも有名で、夜にはさらに賑わう。パフォーマーも登場。

●ディズニー・アニマルキングダム
 最も新しく、一番大きいテーマパーク。たくさんの動物に触れ合うことが できる。中央には大きなシンボルの木がある。300種類以上の動物が彫刻 されている。パーク内はアフリカ、アジア、ディノランドUSAなどのテー マ毎にいくつかに分かれている。
 キリマンジャロ・サファリを体験。32人乗りのサファリトラックに乗り 込んで、40万平方メートルのサバンナを巡る、このパークで一番人気のア トラクション。カバやワニ、ゾウ、ライオン、キリン、ダチョウなどがいる し、ディズニーならではの仕掛けもある。トラックが川を行く。
 アフリカエリアの Pangani Forest Exploration Trail を体験。歩いて動 物たちの生態を見学できる。オカピはキリンとシマウマの中間みたいな動物 で、ミーアキャット、ゲレヌク(キリンカモシカ)、絶滅の危機のローラン ドゴリラなどがいある。
 ミュージカル「ターザン・ロック」を見る。会場内をスケーターたちが走 りまわる。Festival of the Lion King も人気。
 キャンプ・ミニー・ミッキーではディズニーの仲間に会える。彼らもサフ ァリルックに身を包んでいる。
 ディノランドUSAの Chester & Hester's Dino-Rama! は新しいテーマ ランドで恐竜がテーマ。遊園地みたいな感じ。お勧めなのが、この春に登場 した Primeval Whirl(プライミーヴァル・ワール)。小さい乗り物だが、 スピードもある。景色もすごい。ぐるぐる回転する。
 毎日一度開催される Mickey's Jammin' Jungle Parade ではおなじみの ディズニーの仲間が登場。

●ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ
 宿泊は去年オープンしたリゾートホテル。ロビーや廊下は落ち着いた色。 サバンナ・ビューの部屋で270ドル。庭には動物がいる。キリンも!
 夕食はアフリカ料理のJiko で。チェムーラ・ローストチキンは$ 20.25。

●ダウンタウン・ディズニー・プレジャー・アイランド
 夕食後に行った。8軒のナイトクラブがオープンする夜7時以降は入場料 $21.15 が必要。21歳未満は保護者の同伴が必要。中に入ると8つのナイ トクラブは自由に行き来できる。ディスコですね。
 毎晩深夜0時には大晦日のカウントダウンと同じことをしている。 New Year's Eve Street Party という。夜中0時に花火もすごい。深夜2時 まで続く。

●MGMスタジオ
 映画やTVの番組をテーマにしたパーク。今はウォルト・ディズニー生誕 100年記念が行なわれている。ロスのチャイニーズ・シアターを再現した 建物もある。
 ロックンローラー・コースターは真っ暗な中で走る。イヤホンからはエア ロスミスの音楽が。いきなりスピード出して行く。スピード感がすごい!
 トライライトゾーン・タワー・オブ・テラーに挑戦。あるはずのない13 階に止まると幽霊が出て、ナレーション後に突然落ちる。そして急上昇して 目の前に風景が見えてからまた落ちる。その間に写真が撮られる。
 インディ・ジョーンズ・スタント・スペクタキュラー。槍が下から出てく るのをうまく避けるのとか、爆発をうまく避けるのはすごい。
 昼食は1950年代のアメリカの食卓風景を再現した 50's Prime Time Cafe 。どことなく家庭的。トラディショナル・ミートローフは $12.99。 全部食べないと怒られる。ダッツ・スーパー・サンデーは $4.79 で、すご く大きい!アイスクリームと生クリーム。
 ディズニー・スター&モーターカー・パレード。トイストーリーが人気? 他にはムーラン、モンスターズ・インク、アラジン、ミッキーとドナルドが 最後にはクラシック・カーに乗っている。
 9000人が入る巨大な屋外劇場では、夜にはファンタズミック!が行わ れる。主役はミッキー。噴水と踊りと火とレーザーのショー。ミッキーと竜 の戦いです。遠藤さんは感動したそうです。

 宿泊は Disney's All Star Movies Resort。今回はトイストーリーのに泊 まる。3階建の建物と同じ高さのウッディとバズの人形がある。部屋の中も キャラクターでいっぱい。1泊109ドル。
http://www.disneyworld.jp/

●ダウンタウン・ディズニー・ショッピング・プレース
 たくさんのギフトショップがある。World of Disney は世界で一番大きな ディズニーショップ。店内のデコレーション見ているだけでも楽しい。
Tシャツ25ドル。バッグ24ドル。フォトスタンド12ドル。

●ダウンタウン・ディズニー・ウェスト・サイド
 ショッピングセンター以外に映画館やゲームセンターもあるエンターテイ メント・エリア。テント型の大劇場では、シルク・ドゥ・ソレイユの「ラ・ ヌール」が行なわれている。サーカスとミュージカルを融合したもの。


●マジック・キングダム
 1971年に誕生したウォルト・ディズニー・ワールド・パークで誕生か らずっとあるところ。東京ディズニー・ランドのモデルとなった。7つのテ ーマパークからなる。シンデレラ城を中心としている。
 トゥモロー・ランドではトイ・ストーリーのバズと一緒に楽しめるのが、 Buzz Light Year's Space Ranger Spin 。2人乗りのスペース・クルーザー に乗って、悪い宇宙人をやっつける。童心に帰れる。
 次は「エイリアンとの遭遇」を体験。宇宙船にいて、カプセルを破って 侵入してくるエイリアンと遭遇する。息もかかるし、すごいらしい。
 「ミニーのカントリー・ハウス」、グーフィーのワイズエーカーズ・コー スター、ミッキーのカントリー・ハウス。ここでミッキーとご対面、一緒に 写真を撮った。

 宿泊はディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ。中心に 大きなクリスマス・ツリー。部屋は淡い色で、ベッドもきれい、ライトにも ミッキーが〜。
 夕食はホテル内の「ビクトリア&アルバート」一番人気のテーブルはキッ チンの中のシェフズ・テーブル。料理を作っているのを見ながら食事が楽し める。ここだとUS$115!高いがフィレ肉ステーキ。予約はなかなか入 りにくいそうです。
 翌朝はディズニー・マグノリア・コースでゴルフ。毎年プロゴルフのトー ナメントも開催される。ミッキーのボールにミッキーのウェアにミッキーの 形のバンカー。料金135ドル。

 リチャード・ぺティ・ドライビング・エクスペリエンスでは、レーシング カーの助手席に乗ることができる。窓から入ります。最高時速230kmを 体験。音もすごいし、スピードがすごいらしい。3周89ドル。

 ウォルト・ディズニー生誕100周年を記念した華やかなパレード、Share A Dream Come True Parade を見た。若き日のウォルトに続いてミッキー、こ れにはゲストも参加できる。子供がいっぱい(笑)



テレビ番組「圧倒!圧巻!NYからフロリダ遊びまくり踊りまくり旅」

 2002年3月3日放送。テレビ朝日製作。8月6−11日に大阪厚生年金会館で 公演をするので、それのプロモーションを兼ねていたようです。 永島敏行、宝生舞、榎本加奈子が案内をする。

●ニューヨーク
 9月11日以降のニューヨークがどうなったか知りたかった。タイムズ・ スクエアも活気があった。ミュージカルには年間700万人が来る。WTC の跡はきれいになりかけていた。クリスマスあたりから元に戻りつつあるよ うである。
 永島さんは街頭でホットドッグを食べる。ヤンキースのお店The New York Yankees Clubhouse Shop (245 West 42nd St.)に行く。スタジアムジャンパ ーを物色$62.99 、Jeter 選手のTシャツは $19.99、昨年のWシリーズ出演 の直筆サインボ−ルは $399。
 榎本さんは Creed (9 Bond St.)では240年の歴史があり、自分好みの 香水を作ってくれる。オードリー・ヘプバーン用、グレス・ケリー用、マド ンナ用のチュベローズ・インディアナ、ダイアナ妃のロイヤル・ウォーター もある。それで作ってもらったのが、フロリッシモ(グレースケリー)40%、 チュベローズ・インディアナ 40%、スプリング・フラワー(オードリー・ヘ プバーン)20% を混ぜたもの $300 。オーダーしてできあがるのに2−3年 かかるらしい。
 宝生さんは Ina(アイナ)(21 Prince St.) というリサイクルショップ。数 年前から半額で買えるリサイクルが流行している。
 The Pump Juice Bar (40 West 55th St.) はストロベリーやオレンジなど の11種類で、プロテインなども追加できる。エナジー・シェイクは $3.50
 Union Square Green Market (17th St. Broadway)では食材が豊かな市 場。ホットなアップルサイダーは $1。体が温まります。ウニ500g $5。そこ で会った人に、榎本さんは有名なレストランのシェフを紹介してもらった。
 そのThe Four Seasons (99 East 52nd St.) に行ってみた。1959年創業で Zagatでも10位。ピカソの絵もある。シェフのクリスティ・アルバンさん に頼んで料理を作らせてもらった。ここの名物のカジキマグロのグリル$35 それにザクロのソースをかけるが、それがすごいらしい。2品目はここの メニューにはない Guacamola Salad でアボカドなどのサラダ。
 ブロードウェイでは、The Producers が一番人気だが、チケットが取れな かった。年内売り切れらしい。劇場関係者が集まるお店は Saldi's (234 West 44th St.)でトニー賞の選考もされるとか。壁には出演者の似顔絵が飾 られている。マリオット・マーキースのロビーのあるブロードウェイ・ラウ ンジも関係者が集まる。そこのバーとかも。
 古いレコードを売っているお店 Footlight Records (113 East 12th St.) には貴重な名盤を取り揃えている。永島さんはグレンミラー物語のオリジナ ル版を購入した。ミュージカルの Swing は見たかどうかの話になった。 世界恐慌の後の1930年代には人々は明るい音楽を求めていた。それで Swing が流行った。ミュージカルのSwing は1999年12月に2時間ノン ストップで演じられる音楽とダンスからなる。そのSwing の影響は大きく、 GAP もCMではSwing danceを取り入れているし、映画マルコムXにも登場 しているし、音楽シーンでもThe Brain Setzer Orchestra の Jump Jive An'wail のプロモーションビデオに、日本では劇団四季が取り入れ、宝塚 歌劇団でも月組が使っている。
 宝生さんは Sandra Cameron Dance Center (199 Lafayette St.) に行っ て Swing Dance の基礎を教えてもらった。この日の夜に人気のナイトクラ ブに行った。Swing46 (349 West 46th St.) 生バンドのスィングジャズに あわせてお客さんが踊っている。ミュージカル Swing はワールドツアー中 でフロリダにいるという。それでオーランドに追いかけていくことにした。

●オーランド
 ウォルト・ディズニー・ワールド、ユニバーサル・オーランド・リゾート 、シーワールド・アドベンチャー・パーク・オーランド、などが山の手線の 内側の1.5倍の面積の中にある。4つのテーマパークと3つのウォーター パーク、ホテルは17軒。
 Bobb Carr Performing Arts Center で練習しているのを見にいった。 日系二世のアデアラニ・マリアさんも見事な踊りだったし、可愛い。日本語 はあまりしゃべれない22歳。このミュージカルは24曲演奏するとか。
 ディズニーワールドに行ってみた。今年はウォルト・ディズニー生誕100 周年のスペシャル・イベントが行われている。シェア・ア・ドリーム・カム トゥルー・パレードも華やか。EPCOTでは、GMの最新アトラクション が「テストトラック」。加速度が大きく高速で走ったり、熱いところや寒い ところも走る。ディズニー・アニマル・キングダムは野生動物たちとの感動 の出会い。ディズニーアニマルキングダムロッジは昨年完成したばかりで たいへんな人気。部屋はエスニック調で、バルコニーからは野生動物が見え る。急流下りのカリリバー・ラビットに乗って大パニック。相当水をかぶっ た。入口付近がすごいです。カッパが役に立たない。ディズニー・ワイド・ ワールド・オブ・スポーツでは4つの野球場、サッカー、フットボール、テ ニスなど30種類以上の施設が揃っている。ゴルフは6コースあり、バンカ ーもミッキーの形をしていたりする。MGMスタジオにも行ってみて、そこ からディズニーのお店で流行っているのはピン・トレーディング。これは人 と交換するらしい。ウォルト・ディズニー:ワン・マンズ・ドリームという アトラクションでは彼の軌跡を振り返る。夢を大事にしつづけた。ショッピ ングはワールド・オブ・ディズニー。四角いプーさんのキャリーバッグは $50。人気なのはやはり100周年ロゴ入りのグッズ。スノーボール$20 は人気No.1。最近はデザインに星条旗が入ったもので、ミッキーと星条 旗のトレーナー$30も人気。夜にはEPCOTのイルミネーションズ・ リフレクションズ・オブ・アースというスペクタクル・ショーの音と花火の 競演がすごい。
 宿泊したのは、最高級のグランド・フローリディアン・リゾート&スパで 19世紀のフロリダのリゾートをイメージしている。そこのグランド・スィ ートに泊まった。何人で泊まっても1泊23万円。非常に豪華です。さりげ なくディズニーらしさもあちこちに演出されている。
 2月6日、Swing の幕が開いた。Swing brother Swingなどの曲に乗って It don't mean a thing of it ain't got that swing は盛り上がった。 リサ・マッキンタイアーさんとゲーリー・マキンタイアーさんは復活し、 日系二世のアデアラニ・マリアさんも見事な踊りだった。
 翌日の2月7日の新聞 Orlando Sentinel には The good times roll in spirited Swing という記事が出ていた。


テレビ番組「橋田壽賀子・泉ピン子、美女ふたり旅3、カリブ超豪華クルージング」

 2002年2月9日放送。泉ピンコ、橋田壽賀子さんの14日間の旅。 TBS製作。

●マイアミ
 マイアミは億万長者の別荘として、老人のセカンドライフの場としての人 気も高い。
 マイアミ・ビーチは1600km続く。海岸は人工らしい。サーフィンを している。オーシャン通りの喫茶店に行く。ベルサーチが毎日通ったという お店で、もしかすると、Starlite Hotel Boulevard Hotel の近くかも。
 ベルサーチの家があるが、彼はこの家の前で1997年7月15日に殺害 された。

●エバーグレース国立公園
 マイアミから車で1時間。世界遺産の湿地帯。広さは四国と同じくらいの 大きさ。Airboat に乗る。いろいろな動物がいる。ワニもいるが、川に入る パークレンジャーもいる。小さい頃からワニと遊んでいたという。スッポン もでかい!40cmくらい。

●リトル・ハバナ
 キューバの人が多く住む街で、葉巻製造販売会社 Tabacalera Las Villas もある。ピン子さんは自作のに挑戦。

●セブン・マイル・ブリッジ
 映画トゥルーライズでおなじみの国道1号線の Seven Mile Bridge は昔 は鉄道が走っていた。橋の欄干は鉄道のレールだった。キーウェストまでは さらに80km。

●キーウェスト
 骨の島という意味。1号線の終点がある。古き良き街並みが続く。ヘミン グウェイの家が現在は博物館として残っている。彼はここに12年間過ごし たという。入場料は大人9ドル、子供5ドル。猫が60匹住んでいるが、 ヘミングウェイの愛した猫の子孫らしい。頼むと譲ってもらえるらしいが、 予約リストには4年先まで登録されているそうです。
 ヘミングウェイが足しげく通ったバー、Sloppy Joe's Bar が残っていて、 数多くの人が賑わっている。
 「老人と海」にちなんでトローリングに参加。朝7時30分出航。2時間 してからかかった!逃がしてしまった。
 次は大空。水上飛行機で海の中の要塞のような別荘のような島に到着。こ の島には水上飛行機か船でしか来れない。Fort Jefferson。19世紀半ばに できた砦で、南北戦争の時は刑務所だった。

●クルーズ(マイアミから)
 乗るまでに時間があるので、バナナをいただいておく。1999年に就航 した Carnival Triumph号は乗組員1150人、乗客3000人、全長271 mの世界最大級の豪華客船。乗るまで2時間くらいかかったらしい。船内9 建の豪華ロビーの吹き抜け。エレベータも豪華。ドームの中央には北半球の 地図。今回の部屋は広い。プライベートデッキ付き。避難訓練が義務付けら れている。カリブ海の3つの島(マイアミからジャマイカ、ケイマン、コズ メルを8日間かけて巡る。
 エステに参加。マニキュアもしてもらった。船長主催のディナーパーティ に参加。船長は Massimo Marino さんで挨拶にまわっていた。1年のうち8 ヶ月航海に出ているとか。
 London Dining Room でいつも食べているという。4000人が食べる厨 房を見学した。1日17000食作るという。調理は500人でやっている という。ランドリーもある。船上病院もある。食事時にダンスをしているの は、ウェイトレスなども。

●ジャマイカ
 秋田県と同じ大きさ。レゲエの強烈な個性に圧倒される。観光ガイドの白 倉恵美子さん(オーチョ・リオス在住)のガイドで Ocho Rios のCraft Market にでかけた。小さな店が多く出ている。ちゃんとした建物がいくつ もあります。ピン子さんはジャマイカン・ヘアにしてもらったが、すごく時 間がかかった。そういう頭だと涼しいらしいが、高かったらしい。16000円! 橋田さんはトラクター・バスで観光プランテーションを見学。パイナップル もなっていない。ブーゲンビリアが咲いていた。
 いたるところに川が流れている。ダンズ・リバーの滝。滝の上を歩いてい る人もいるし、滝の下で皆手をつないで渡っているし、滝を登っている人も 多い。

●ケイマン諸島(グランド・ケイマン)
 1503年コロンブスに発見された当時は無人島。当時は亀しかいなかっ たという。現在、イギリス領で治安がよく、生活しやすく、ダイビング・パ ラダイスとして知られている。スキューバ・インストラクターの古後宏子さ んが案内。宝石店に行く。Tanzanite をはじめとする宝石が安いことで知ら れている。でも数万円〜数十万円が並んでいました。
 観光用潜水艦アトランティス号に乗る。全長15m48人乗りで最高30 mまで潜る。今回は近くにきていたハリケーンの影響で透明度が低かった。 通常は乗船客がこのあたりで結婚式をして旅を続けるケースが多いらしい。

●コズメル
 メキシコ領。南北53km、東西14kmの小さな島でほとんどが密林で 住んでいる場所は島の3%。スキューバ・ダイビング・インストラクターの 渡部峰子さんが案内。遺跡巡りをする。水上貿易の中継地点だったが、16 世紀にスペインに滅ぼされ、そのマヤの末裔が今でも住んでいる。わらぶき の建物。
 ドルフィン・スィム Dolphin Discovery ではイルカに足の裏を押されて の泳ぎが体験できる。よくトレーニングされています。橋田さんにもろに キスをしていました(笑)。でニ頭の背ビレにつかまって泳ぐ!そして、 足の裏をイルカニ頭に押されてのドルフィン・スィム。上半身が水の上に 出る状態です!

●グランド・キャニオン
 マイアミからラスベガスに飛び、グランド・キャニオンに向かう。そこか らヘリコプターで1200m下のコロラド川へ。川は茶色でした。そこから 船で遊覧した。1年に2.5cmずつ侵食して今のグランド・キャニオンに なっているという。


テレビ番組「フロリダ、知られざる水の楽園」

 テレビ静岡製作。関西では2001年2月17日放送。フロリダのエバーグレーズ。 内陸には世界最大の湿地帯。Evergrades (永遠の湿原)という水の楽園。 多くの生物がいる、動物の王国。

●マイアミ
 年間平均気温24度。マイアミビーチの片隅に石灰岩がある。地層を調べ てみると、地下3000mの地層はアフリカ大陸に近いことがわかった! 他のアメリカとは違っていた!

●エバーグレーズ
 南端のエバーグレーズは、3つの部分からなる。1つはサイプレス(森林 地帯)で水のジャングル。湿地ランやフィクサー(着生植物)もある。ここ に入るのはたいへん。かわうそ、アリゲータなどがいる。
 2つめはソウグラス(草原地帯)。エバーグレーズは関東平野と同じ大き さで、ソウグラスはその最大を閉める。ホワイトテイルドディアなどが、 ハンモック(林)という林が点在していて、そこに動物が生活している。ア メリカヘビウなどの300種以上の水鳥がいる。一見乾いているように見え るが、実は湿原である。
 3つ目は最南端のマングローブ(海岸地帯)。マングローブの根は魚の 恰好のすみかとなっている。そこに海鳥が来る。そしてハクトウワシ、 マナティなどの珍しい動物もいる。
 Rock Reef Rossは海から30km離れているが、海抜1m!つまりエバー グレーズが大きな1本の川ともいえる。長さ190km、幅80kmの川で ある。雨季(6-11月)になると、ソウグラスの大草原も水没する。動物たちの 王国である。乾季はアリゲータは地面を掘って穴に水を貯めて住む。

●最近の問題点
 しかし最近、彼らは人の家に行くようになった。ウェスト・パームビーチ のフロリダ野生動物保護局にはいつも電話が入る。
 リック・クレイマーさんはアリゲーター・トラッパーで、水路やプールに いるのを捕まえる。釣り糸でつっかけて、最後は噛む習性を利用して捕まえ る。噛む力は強いが、口を開ける力はとても弱いらしい。
 ウェスト・パームビーチは元々、アリゲータの住む湿地帯だった。そこを 開発して街にしたので、アリゲータが出てくる。

 マイアミから車で南へ、キーウェスト、seven mile bridge、作ったのは ヘンリー・クラグラー。1km増やす毎に土地をもらえるという約束で鉄道 を敷いたらしい。1912年完成。アメリカの楽園作りが始まった。マイア ミが拠点となった。
 マングローブの森は今は海岸道路となっている。1947年、エバーグレ ーズは国立公園となった。東京都と埼玉県をあわせたくらいの大きさ、動物 たちを守るために作られた。近い将来、エバーグレーズは消滅すると言われ ている。
 オキチョビー湖はエバーグレーズの水源となっている。その湖の西側は ソウグラスが腐ってきている。原因はオキチョビー湖の水門らしい。ここは ハリケーンがよくくる。氾濫するので水門を作ったらしい。コントロールし たので、エバーグレースが干上がってきた。水が減ったので、マングローブ 地帯のアメリカン・クロコダイル(温厚)が今、撲滅の危機に瀕している。 4番目の歯が上を向いているのが特徴のワニで、淡水と海水の混じったとこ ろで生息している。水の塩分の濃度が高くなっているので、住みにくくなっ ている。
 マージョリー・ストーンマン・ダグラスは1947年、Evergrlades river of grass を書いた。湖が溢れて川となっている。川はたくさん沼を作り、 生物を生かす。そして雲となり、北に向かい雨となる。水門を壊して欲しい と訴えた。108歳で1998年死去、1999年ある試みがスタートした。 キシミー川はまっすぐとくねくねの2つの流れがある。昔はキシミー川は オキチョビー湖に流れこんでいた。2000年6月キシミー川の水門を爆破 した。直線の川を埋めて蛇行した川にした。これがうまくいくと他の水門も 爆破するという。
 国道75号線は、エバーグレーズを横断する一本の道である。フロリダ・ パンサーも絶滅に近い。70頭の1頭1頭に発信機がついている。国道が生 息地を狭くし、なわばりに入ってきたパンサー同士で殺し合いをした。さら に近親での子が増えて、染色体異常が増えた。行動範囲を広げるために道の 下にトンネルを作った。その効果はでてきたらしい。鹿が戻ってきたらし い。
 ブラジリアン・ペッパーは鑑賞用として輸入されたが、地元の植物を絶滅 させている。5年前から土ごと除去して整地している。
 ターキーポイント原子力発電所、そこを取り巻く冷却水用の用水路、ここ は淡水と海水が混じりあっている。最近、ここにアメリカン・クロコダイル がやってきた。


テレビ番組「勢揃い!高島忠夫一家フロリダ縦断珍道中!!」

 テレビ朝日制作、2000年10月29日放送。高島忠夫の古希のお祝いに旅行をプレゼントしたらしい。デルタ航空で行ったようです。LAX経由でオーランドへ。ビジネスクラスです。コルシカの白ワインに政宏満足。
フロリダ情報は、
http://www.tabifan.com/florida
でチェックしているようです。オーランドの空港内にディズニーのグッズを売っています。Dollar レンタカーで真っ赤なクライスラーを借ります。1週間で399ドル!というのを「負けて!」と言うと$299になった!

●ユニバーサル・スタジオ・エスケープ
 キングコング、大地震、ジョーズなどを紹介。

●アイランド・オブ・アドベンチャー
 ユニバーサル・スタジオにできたもの。ダドリー・ドゥ・ライツ・リップリー・ウォールズは水をどっさりかかる分。絶叫マシン・人気のアトラクションのインクレディブル・ハルク・コースターは最大100キロの速度で連続宙返り、スタートするといきなりひねって垂直近くで落ちる。横Gもすごい速度!あとでこれが一番怖かったと言ってました。
 他には、足が宙吊りのデュエリング・ドラゴン。2つのコースターがニアミスをするし、360度の回転が連続する。降りてから霧のように水滴が出る扇風機で頭を冷やした。高島夫妻は似顔絵を描いてもらった。

●スワン
 に宿泊と思う。1103号室?プレジデンシャル・スィートです。1泊$2700.ピアノもある!シーフード・レストラン「The Crab House」木槌で叩いて割ってから食べる。

●ケネディ・スペース・センター
 まず Visitor Complex で本物の月着陸船、全長111m・2812トンのサターンVロケットなどを見る。USアストロノート、ホール・オブ・フェイムなどを見る。子供向けの施設だが、本格的。重力が6分の1しかない分とか楽しいらしい。ジャイロのように回転する装置。1分間目茶目茶回転する。足がいろんなところに当たって痛かったとか、命を失う恐れがあるとかって言っていた。

●チャーチ・ストリート・ステーション
 古き良きアメリカを再現。フレンチ・カンカンやディキシーランド・ジャズも楽しめる。「聖者が街にやってくる」で聖者役をやらされた。

●ボカラトン
 車で3時間。椰子の木の間にピンク色の建物。1926年創立のボカ・ラトン・リゾート&クラブ。2つのゴルフコースももつ。プレジデンシャル・スィートは$6000.
 早朝、ホテルの船に乗ってちょっとしたクルージング。朝食後、ガンボ・リンボ自然保護センターに行く。
 海ガメを孵化させて海へ行って夜、放した。砂に埋めると出てきて海へ入っていった。20年後に帰ってくるらしいが、生き残る確率は100分の1だとか。
 パロット・ジャングルでは1100羽の鳥がジャングルを模した森に住んでいる。鳥のショーが人気。スケートをする鳥、パラシュートをする鳥もいる。オウムに直接触れる。

●エバーグレーズ国立公園
 東京都の3倍の大きさ。世界遺産。エアボートは騒音と風が凄い。水中の生物を傷つけないため、スクリューは使わない。ホセさんが鳥の鳴き真似をすると鳥が来る。エサも食べる。パープル・ガラニュール(アメリカ・ムラサキバン:ヤンバルクイナの仲間)。そのうちにワニがいるところへ。アメリカン・アリゲーター、約30センチもあるソフトシェル・タートル スッポン)も!
 サファリ・レストランで御食事。ワニの唐揚げは鶏肉に近いらしい。

●マイアミ
 ○○ホテル(ごめん)。プレジデンシャル・スィートは$2000.クリントンも泊まったとか。12億円のホテルのプール。
 フロリダ・マーリンズの球場プロ・プレイヤーズ・スタジアムに。お父さんに「マーリンズ70番」のユニフォームを着せる。始球式をするはずだったが大雨。しかし開始されて、始球式をマウンド近くまで行って行った。試合はマーリンズが勝ちました。

●キーウェストに向かう
 フロリダ・キースは50の島が42の橋で結ばれている。セブン・マイル・ブリッジを越えてキーウェストに。セブン・マイル・ブリッジは映画「トゥルー・ライズ」では使われているが、本物の橋を爆破したらしい。

●キーウェスト
 Southernmost point へ。マロリー・スクエアから眺める美しい夕日は有名。ホテルは Hyatt Key West でコテージ風。キングサローン1泊$355。インテリアは南国調。オーシャンビュー。
 朝7時、兄政宏はトローリングでカジキマグロに挑戦。バラクーダーやセイル・フィッシュは取れたけど、マグロはダメだった。弟政伸はダイビングでロブスターを取りにいく。合計3匹持ち帰った。1つ逃げた。夫婦は Couch Train というゆっくりしたバスで島内観光(90分)。ヘミングウェイ・ホームでストップ。ネコも50匹いるが、里親希望者が多く、4年 先まで無理とか。
 シーフード・レストラン・ニコラで調理してもらう。ロブスターの刺身!フロリダ・ロブスターのグリルでした。


テレビ番組「道浪漫」2000年10月は十朱幸代さんでフロリダ

 フロリダは集客数でラスベガスを上回っているリゾート地である。日本の面積の3分の1。

●セント・オーガスティン
 アメリカの本当の原点。1513年スペインのポンセ・デ・レオンがこの地に到着した。彼の像もある。全米で最初にできた町。その中でも oldest House は全米で最も古い家。他に、サン・マルコス砦、ファウンテンオブユース(不老長寿の泉)もある。
 Oldest Store Museum は19世紀の何でも屋。これが今は Museum 選択機もある。みなここで品を買い、幌馬車で西に向かった。入場料$5.10万点展示してある。
 19世紀、かんきつ類のプランテーションができて、オレンジ畑が広がった。オレンジはブラジルに次いで世界で2位。オレンジは機械化されていない。1946年オレンジ・ジュースが製造されるようになって発展した。

●オーランド
 もともと広大な湿地帯だった。ケープ・ケネディ基地とディズニーワールドがこの辺りを変えた。1965年テーマパークをつくり始めた。山手線内の1.5倍の広さ。さらにユニバーサル・スタジオなどができた。今このリゾートだけで5万人が働く。
 チケット・センターでチケットを購入し、フェリーでマジック・キンダムパークに。これは基本的にはカリフォルニアや東京と同じ作りだが、「エイリアンとの遭遇」はここだけ。行列ができている。
 ホテルはディズニーのホテルだけで12もある。ただの宿泊でもエンターテイメントになるようにしてある。今回はディズニー・ヨットクラブ・リゾート。ツインの部屋とリビングの部屋がある部屋。
 1901年シカゴに生まれたウォルト・ディズニーは20歳台でミッキーマウスを、55年にディズニーランドを作ったが、66年死去した。アニマル・キンダムは一番新しいテーマパーク。その中で「キリマンジャロ・サファリ」はトラム?に乗って移動しながら、自然より自然っぽいものを見る。
 グランド・フローリディアンのレストラン「ビクトリア&アルバート」の特別な部屋というのがある。ここは厨房の一角だった!ハーブ仕立てのラム肉、マスタードソース・マッシュポテト添えを食べる。トロピカル・フルーツのムース・オレンジチョコレート包みも。この4席は4ヶ月先まで予約で埋まっているとか。

 エプコットはディズニーが来るべき未来を夢見た姿。夜の花火を見る。「イルミネーションズ2000・リフレクションズ・オブ・アース」池の中央に3階建てのビルくらいの高さの地球儀がある。
 ディズニー・マグノリア・コース。ここには5つのゴルフ・コースがあって、その一つ。ミッキーも応援に来てくれた。ミッキーに興味ない人も楽しいかも。
 ディズニー・アニマル・キングダムの「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」のショーを見る。
 ディズニーMGMスタジオでは「美女と野獣」のライブ・オン・ステージのショー、「インディ・ジョーンズ・スタント・スペクタキュラー」このショーの主演女優と会談。
 一番期待していた「ファンタズミック!」は雷が鳴って、突然中止。しかし翌日やってくれた。噴水がカラフルだし、ディズニー70年の集大成のようなショーだそうです。
 ディズニー・クルーズラインでバハマまでの旅も楽しめる。

●マイアミ
 有数の都市に発展させたのが、ヘンリー・フラグラー。港にある小さな島にフラグラー・モニュメントがある。彼はロックフェラーとともに石油会社を創立した人。セント・オーガスティンも寂れていたフロリダに鉄道をひいていった。将来、北の人たちがやってきてリゾートとなると読んでいたようである。55歳の時開始して、11年後マイアミまで開通した。それから104年、一面の湿地帯は全米屈指のリゾートに変わった。

 マイアミはビーチを中心に発展していった。海岸地区はアールデコ地区と言われ、パステルカラーでメルヘンチック。その対岸はダウンタウンで金融都市となっている。アイランド・クィーン・クルーズという豪邸を見るクルーズがある。みな海岸沿いにあるため。フレオ・イグレシアス邸もきれい!
 一軒の豪邸を見に行く。ゴールデン・ビーチ地区(ダウンタウンから車で30分)で7部屋のベッドルーム?リビングも広く、プライベートビーチに歩いて5分。キッチンもきれい。バスルームはゴージャスで広い!これで400万ドル(4億円)。高級なのは、海に面していて、ボートがすぐに出せて、セキュリティがしっかりしているところ。他にも海の上にも、豪邸を作っている人もあった。
 ホテルはハイアット・リージェンシー・コーラル・ゲーブルズ。ダウンタウンから車で15分。全242室。地中海風の高級リゾートホテル。

●湿地帯
 マイアミの中心地から湿地帯まで車で1時間。ここの交通はエアボート。ここではスクリューの船が使えない。しかもワニも多い。アメリカン・アリゲーターが来る。ジャンプもできる!昔は1年で30センチ伸びるといわれたワニだが、最近はもっとかも。
 フロリダ南部のエバーグリーン国立公園。この中にはエアボートは入れないらしい。ずーっと湿原。1時間行っても湿原。湿地帯を巡るのは、ソーグラス・レクリエーション、パーク・エアボート・ツアーズ。毎日午前9時から午後5時まで1時間のツアー。

●キーラーゴ
 ドルフィン・コーブDolfin Cove イルカを使ったセラピーをやっている。1978年からやっているヘーザーソン博士に話を聞いた。音楽、水の中で遊ぶ、動物、この3つが自閉症の子には大切なので、それができるのがイルカだと思ったらしい。世界各国から来る。1つのプログラムは2週間で、1日40分。患者1人にセラピスト3人、イルカ一頭。1日目は水に入るのもたいへんだが、2日目にはイルカに慣れるらしい。費用は最低2週間以上で世界45カ国から受け入れていて、実績があるという。Dolphin Human Therapy 2週間、37万円から。大人用のプログラムもあるそうです。

●海の中の道
 フラグラーはフロリダ・キーズも開発。今はオーバーシーズ・ハイウェーとなっている。全長180キロ。世界で一番美しいと言われる道。時折、激しいスコールもある。
 セブン・マイルズ・ブリッジ。今は新旧2本走っている。古いのはフラグラーが作ったのだが、1935年のハリケーンで寸断された。水平線が全部見える。さらに50キロ行くとキーウェストとなる。

●キーウェスト
 おれの島という意味のスペイン語。コンセーレ・ディオンの言葉から?サザン・モスト・スポットがある。ホテルはハイアット・キーウェスト・リゾート&マリーナ。1301号室?海辺の最高級ホテル。1822年までスペインに統治されていたので、スペイン風の建物が多い。100人以上作家が住んでいたとか。
 ヘミングウェイ・ハウス&ミュージアム。彼は31歳からの9年間ここに住んでいた。彼の暮らしていたそのままで保存されている。キリマンジャロの雪、誰がために鐘は鳴る、など彼の作品の7割をここで書いた。ネコが62匹いる。彼の飼っていたネコの子孫。埋め込んだコインもある。妻のポーリーンのためにプールを作ったのだが、財産を無くしたので、1セントコインを埋めて皮肉ったという。
 フラグラーゆかりのホテルは「カサ・マリーナ」。フラグラーの意志を継いだ人たちがつくったホテル。あとは、ヘミングウェイが足しげく通ったというバー「スラッピー・ジョー」


テレビ番組「空飛ぶコンシェルジュ」1999年12月はオーランド

 案内してくれたCAは全日空の上村孝子さん。12年目。
●ユバーサルスタディオ
ジョーズ。ボートに乗っていると襲ってくる。左からきます。銃を発射するが それて火の海に。 ターミネータ2。3次元眼鏡をかけて見るので迫力がすごい。 ブルースブラザースライブ。
Lombard's Landing でランチ。$26.95 のロブスターとサラダ。前掛けも貸し てくれるようだ。
ダイナマイト・ナイツ・スタンタキュラーは閉園まぎわで行われる暗い中で のボートを使ったスタントショー。最後は18メートルの火柱。

●アイランドオブアドベンチャー
 今年5月にオープン。アトラクションいっぱい。Dueling Dragons は 2つのコースターが交差するすごさ。2つの乗り物に乗 っている人の体重を計算して、交差する時間を調整しているのだとか。 ジュラシックパーク。まずトリケラトプス・エンカウンターへ。生きている みたい。おしっこもするらしい。
ジュラシックパーク・リバーアドベンチャー 船に乗ってアドベンチャーの 旅。建物の中がスリルいっぱいらしい。水に濡れないように前掛けをしていた が、最後は落ちて水しぶきがすごい。頭からパンツまで濡れるらしい。 これらは2001年にUSJとして大阪にオープン!

●ユニバーサルスタジオ・シティウォーク
深夜まで買い物ができる。また野外ステージもある。各クラブが競って華や かなショーをやっている。一般人も参加できる。
モータウンカフェ・オーランド はモータウンサウンドのレストラン。 上村さんもひっぱりあげられて踊っていた。

●後半はここに5年住んでいる溝田妃都美さん。
FAOシュワルツ。有名な玩具の店。ビッグピアノマット$58(踏んで音を 出す)。ファービの赤ちゃん$29.99 アヒルのでかいぬいぐるみ $99 tel: 352-9900

●ベルツファクトリー
有名なアウトレット。Anne Klein Nine West Coach など。Off 5th では 30−60%オフ。ジャケットが$819 -> 199 など。サイズが大なので注意。

●Flea World
アメリカでの数本の店に入る。屋内にあるので、雨でも大丈夫。 330-1792 金曜・土曜・日曜の9時から6時まで開催。1700店。 アボガド2つで$3.50。メロン1個$2。イグアナポンチョ$4. ナンバープレートも15分で名前を入れてくれる(無料)。
Baja Burrito Kitchen 彼女がよく通っているお店。テイクアウトも可の サルサの店。バハ・キッチン・コンド$6.25をよく食べているらしい。 缶詰を使わない。冷凍ものは使わない。というポリシーの店。サラダ$4.5 電話は 299-5001

●知恵袋
ホテルの部屋は乾燥しているので、バスタブにお湯をはって扉をあけておく とよいそうです。


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO