アジア

ハワイ・グアム・サイパン・フィジー・ニューカレドニアなど

北アメリカ

中央・南アメリカ

ヨーロッパ

オーストラリア・ニュージーランド

アフリカ

いのうえの海外旅行記

いのうえの海外旅行写真記

日本の宿

日本のレストラン

トップ

ITNの見方とアップグレード


なお、これはわたしの個人的な旅行記です。すべての文章の無断使用・転載を禁止いたします。
またここの情報を使って、何か問題が起こったとしても私は一切責任は持ちませんのであしからず。


ITNの見方

自分で飛行機のルートを決めることができると楽しいですよね。そこで今回は、運行状況などを見て、自分で考える方法をお教えします。

【ITNの使い方】

 飛行機の運行や空席状態などを知るのにとてもよいITNの使い方を簡単にまとめてみました。昔は easySABRE をわたしはよく使っていましたが,今は Travelocity に統一されてしまって,使い勝手が悪くなったような気がするので,今はITNを多く使っています。直接航空機の予約をする場合は,AXESS というのがありますが,上級者用ですので,今回は紹介しません(nifty 経由で使っています)。
 なおアドレスですが,別の画面を開けるために,私のHPのリンクのところから選択してもらってもいいですし,別の画面を開けてITNを右クリックしてもらってもよいです。

●登録(無料です)
 画面の左上に free account というのが青色で見えるかと思います。それをクリックすると、次の画面になります。
 名前を登録します。パスワードはどこかに記録しておくとよいでしょう。よく利用する国際空港を入力します。成田なら NRT,関西なら KIX です。

Login 後でもいいのですが、Personal Infomation のところでDisplay Preferences
は a novice ではなく、expert にしておきます。これにしておくと座席の残り数とかも出てきます。よく使用するクラスは coachにしておきましょう。ビジネスが多い人はビジネスでいいですけど。

●検索の仕方1
 メインの画面に行くと,左側に ID と password を入力する部分があります。ここに入力し,air を選択します。画面が変わって,場所ですが,最初の空港が NRT とか KIXとかになっていると思います。次に行く場所ですが,例えば SFO と入れます。San Francisco でも構いません。予定する日を入れて,上が roundtrip(往復)になっていますから,帰りの日も入力します。例えば、12月25日出発の30日に帰国という感じですね。あとは,航空会社を選択して,検索します(例えば United)。この間は便数が少ないので,時間は設定しなくても大丈夫でしょう。例えば,サンフランシスコとロスの間は30分とか毎に飛んでいますので,時間も必要です。

●結果の見方1
 結果としては,まず行く側ですが,UA810便,関西発 18:30 San Francisco着 11:05 で最低価格は赤い字でその左に書いてあります。また,その次に書いてある F9 C9 D9 Y9 B9 M9 H9 Q9 V9 W9 S9 T9 K9 L9 A9 という数字がミソです。これが予約クラスに相当する座席の空いている数にあたります。但し,9は9以上の意味です。一般に格安航空券はSに当たります。0だと旅行代理店にお願いしても,すぐには確定せず,通常は「待ち」になるようです。

●予約クラス
 予約クラスはファースト,ビジネス,エコノミーの3つのクラスだけではなく,各々に制限をかけて購入しやすくなっているシステムだと思ってもらえればいいと思います。
 Fクラスはファーストクラス自身です。値段は高いです (;_;)しかし他の航空会社に振り替える(エンドース)ことも可能だったり,自由に日とかの変更もできたりします(日の制限内で)。
 Cはビジネスクラスです。Dはビジネスクラスの割引した分で、いくらかの制限がかかります。
 Yクラスはエコノミークラス自身です。
 Bクラスは正規割引航空券と言われるクラスで,有効期限がUAでは6か月,往復25000マイルでアップグレード可,最少宿泊数 日,ルートの変更はできないが日などの変更は可能,エンドース不可,などの性格を持つ。
M、H、Qクラスについては細かい設定はわかりませんが、VとBの間の性格を持つものです。確かQクラスは往復50000マイルでアップグレード可だったと思います。
 Vクラスも正規割引航空券で,Bクラスよりもさらに制限がかかります。ユナイテッド航空の太平洋線の場合、14日前までに購入し、最低滞在が3日間、最大が2ヶ月です。無料降機が3回までで、アップグレード不可です。
 Sクラスは普通言われる格安航空券です。日などの変更もできませんし,ルートの変更もできません。乗り遅れたらもう使用不可能というクラスです。
Lクラスは米国内でのこの格安航空券のクラスです。


●検索の仕方と結果2
 では次にサンフランシスコからニューオーリンズまでどうやって行くかを検索します。片道なら画面の上を one way にして日時を入れ,出発はSFO到着は New Orleans と入れ,航空会社は指定しません。それで検索すると,それに相当する値段,航空会社,便名,座席情報が表示されます。これをいくつか繰り返して,目的地へどう行くか決定できます。細かい点がわからない人や,ユナイテッドしばりではない人は,単に,KIX から New Orleansとすると様々な経路が表示されます。

 これで簡単にルーティングができますね。


ユナイテッド航空におけるアップグレードについて

いろいろまとめてみました。ユナイテッド航空さんいつもありがとう。
但し、1999年のものなので、最近は若干変わってきています。

●インボラ・アップグレード
 俗に格安航空券でアップグレードされたよ、っていう分です。オーバーブッキングした場合とかに多いです。その航空会社にとって上客であること(ゴールド会員、シルバー会員、平会員の順)、航空券の予約クラスが高いこと(エコノミーでもユナイテッドだと高い順にYBMHQVWSTKLAの種類があります)、きちんとした服装をしていること、ブラックリストに載っていないこと、などが挙げられます。でも、当然の権利のようにアップグレードさせろとか、前はしてくれたじゃないか、などと言うのはみっともないので、やめましょう。ビジネスクラスにふさわしい客とはみなされないでしょうから。

●ボランティアによるもの
 オーバーブッキングした場合乗る人が降りない限り席は空きませんから、翌日にビジネスクラスで乗ること、ホテル代をもつことなどを前提に航空会社がお願いをする場合、翌日アップグレードで乗ることができます。

●マイルによるアップグレード
 格安航空券ではできません。ユナイテッドの場合、アメリカ片道では、Vクラスで26000マイル、B(Y)クラスで13000マイルでアップグレードが可能です。Go USA とか BLUR YLURと言われるチケットが対象です。発券した後に予約課に電話してアップグレードのお願いと座席指定、できたら食事の指定もします。座席の確保という意味では予約は早い方がいいけど、発券が早くなるので、難しいところです。当然アメリカの国内線は最終目的地までアップグレードがかかります。

●MPP336 によるアップグレード
 アメリカの国内線でのアップグレードで、ユナイテッドだとプレミア会員以上に送付されてきます。最近は年間5万マイル乗ると2000マイル分が5冊送られてくるようです。1K会員は搭乗の100時間前、プレミアエグゼクティブ(1P)は72時間前、プレミア会員は48時間前から予約が受け付けられます。この券はユナイテッドに返却しても1冊1000マイルにしかなりませんから、使ってビジネスやファーストクラスのよい料理・よい飲み物とよい席、無料の映画を利用した方が得です。

●HK49によるアップグレード
 ユナイテッドの1Kメンバーに送ってきます。詳細は知りません。あしからず。

●MPP01X MPP018によるアップグレード
 これも1K用です。100時間以上前からでも予約できます。one way upgrade です。ストップオーバーする場合は続きは効きません。


ホテルのアップグレードについて

●Freequent Stayers Program(FSP)
 各種ホテルチェーンで会員になって、そこをよく利用するとアップグレードがある場合もある。
●同じホテルに何度も泊まる

●FSPでポイントを貯めて、それでアップグレードする方法


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO